愛する人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛する人

2011年1月15日公開,125分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「彼女を見ればわかること」など、女性の心情を描くことに定評のあるロドリゴ・ガルシア監督が、悲しい過去をもつ女性たちが希望へ向けて歩みはじめる姿を描くヒューマンドラマ。幼くして娘と引き離された女性をアネット・ベニングが、母親を知らない女性をナオミ・ワッツが好演し、物語を盛り上げる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

年老いた母親を介護する51歳のカレン。彼女は14歳の時に妊娠して出産したが、母親の反対にあい、子供を手放してからは逢ったことのないわが子に想いを寄せている。37歳の弁護士エリザベスは幼い頃に養子に出され、母親を知らずに過ごしてきた。ある日、上司の子を妊娠した彼女はそれまでのキャリアを捨て、子供を産む決断を下す。

作品データ

原題
MOTHER AND CHILD
映倫区分
PG12
製作年
2009年
製作国
アメリカ=スペイン
配給
ファントム・フィルム
上映時間
125分

[c]2009, Mother and Child Productions, LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2011/4/11

    母とはどうして母なのか?母になるとはどういうことなのか?「母性」について深く考えさせられる作品です。
    そして母親はどのような形であっても子を愛し続けていると言う事を訴えかける作品でもあります。
    是非、カップルで夫婦で親子で母娘で見て欲しい映画です。
    ハッピーじゃないけど、グッドエンドです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2011/2/3

    若年の妊娠のために子供を手放し、その後長い年月、幸せな結婚にも子供にも恵まれず、孤独に生きる主人公。彼女の人生は、どう移り変わり、また、まだ見ぬ娘と再会することはできるのだろうか?

    秘めた過去を持った人々を淡々と描きながらも、ジーンと感動するような映画らしい映画でした。地味な役柄な登場人物も、演技派の俳優によって、上手く演じられていると思います。見終わって、素直によかったと思える映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2011/1/9

    様々な人種が存在するアメリカ、養子縁組も日常の一部に組み込まれている。日本ではそうはいかない。環境の違いを感じる。
    結果を言えばエリザベスは愛を知らずに終わってしまったと思う。もちろん、自分自身が身ごもって初めて親子という自分が味わったことない感情を得たけれど...
    やっぱりカレンが彼女を探すべきだったと思う。時間はたっぷりあった。当時は10代であったけれど成人してからでも後悔があったと思うならいつだって行動できた。先手を打ったのはエリザベスであったのに、彼女の願いは虚しく散ってカレンと孫が運命のいたずらのように出会うなんて、エリザベスが不憫。
    キャリアで自分の孤独を紛らわすエリザベスに胸が痛んだ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2010/12/20

    何て言うのかな・・我が子の事を思うと身を切られるように辛い・・そう言うことなのよ。

    離れていても、会った事が無くても、常に心を占めている。

    老いても。

    一緒に暮らしながら、死んだような日々を送る娘に罪悪感を感じながら死んで行った老母。
    生んで直ぐ手放した、見知らぬ娘を思い死んだような日々を送るカレン。
    思いがけず妊娠し、産みたいと願い、初めてまだ見ぬ母に思いを馳せた孤独なエリザベス。
    妊娠を諦め、養子を取ろうとする女性と、不本意ながら、子供を養子に出そうとしている若い未婚の妊婦。
    盲目な娘を心配しすぎる母。
    それだけじゃなくて、本当にね、皆、当たり前だけど母親が居て、母親たちは、我が身の事以上の思いで子供の幸せを願っているの。
    それが凄くすごく解るんだ・・

    子供が嬉しいと、その倍嬉しいし、子供が辛いと、やはり身を切られるように辛い・・自分が辛い方がどれだけマシかと思う。

    初めての育児にキレそうなルーシーに母親が言うセリフなんて、本当に、全ての母親の代弁よね。
    皆あんな理不尽な思いをして、それでも人類が誕生してから、今まで絶える事無く続いて来ているんだから。

    綺麗ごとじゃなくて、本当に、沢山の女性たちが抱えている様々な問題や出来事を織り込んで、決して幸せな事ばかりじゃなくリアルに描きながら、やっぱりリアルに、子供の寝顔や無邪気さに救われる・・そんな物語です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告