装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE(ケースアービン)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE(ケースアービン)

2010年11月6日公開,50分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミリタリー色の強い世界観とミステリアスな物語で、幅広い層からいまもなお高い人気を誇るアニメ・シリーズ「装甲騎兵ボトムズ」。人型兵器AT(アーマード・トルーパー)を操る男たちの戦いを描く新シリーズを連続上映する第1弾。「コードギアス」「舞-Hime」のスタッフが、新天地への脱出を夢見る兄妹の過酷な運命を描き出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

妹ドナと共にATの整備工場を営み、新天地への脱出を夢見るアービンには裏の顔があった。それはATの勝敗による裏賭博“バトリング”で負け役のみを請け負う八百長ファイター、ザ・ダークで、ある日、彼はペイガンという男と戦うことに。“敗者は死あるのみ”という信念を持つペイガンの屈折した感情は、彼を狂気に巻き込んでいく。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
ショウゲート
上映時間
50分

[c]サンライズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    3.0
    2010/11/11

    極端に無口な主人公が、メカを次々と乗り換えて自分の運命と闘うと言うボトムズが大好き。

    そのボトムズの世界観を使って、オリジナルを創った者ではないスタッフが創り出したもう1つのボトムズ・ワールドにはなっている。

    但しバトリング(この言葉が分からない人への説明は省略)と言う状況設定からは出ていないので、世界観の広がりが無い事は残念。

    ボトムズのサイドストーリーとして面白いとは思うが、あくまでサイドストーリーにしかなっていないのが残念。

    違反報告