いつもより素敵な夜に:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
いつもより素敵な夜に
いつもより素敵な夜に

いつもより素敵な夜に

2010年10月30日公開,70分
R18+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「あぶない刑事」などで助監督として活躍してきたベテラン、児玉宜久が倦怠期を迎え、互いに秘密を抱える夫婦の姿を描くラブストーリー。主演は「DEATH NOTE デスノート」の小松みゆき。6人の監督が”SEXY”と”EROS”をテーマに競作した”Love&Eros CINEMA COLLECTION”の一本。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アンティークショップを経営する高木美沙(小松みゆき)は、年下の夫、信次(川口貴弘)と結婚して10年。2人の生活も今となってはマンネリ化。美沙は信次からのキスも自然と避けるようになっていた。そんな彼女は、信次に言えない秘密を抱えることになる。きっかけは、ある日、美沙の携帯に届いたメール。送信者は“トキオ”と名乗る人物。初めのうちは正体不明のメールを警戒していた美沙だったが、トキオの真摯な文章に、次第に心を開いてゆく。やがて彼女の中に、トキオに会ってみたいという気持ちが芽生える。だが実は、トキオの正体は信次だった。信次はトキオになりきって妻にメールしていたのだ。だが、ある日急に返信が来なくなる。不安に陥った信次は、同僚の三浦にトキオになりすまして妻を抱いてくれるように依頼。渋々承諾した三浦は、信次の目の前で美沙を抱くが……。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2010年
製作国
日本
配給
アルゴ・ピクチャーズ
上映時間
70分
製作会社
レジェンド・ピクチャーズ

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?