鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星|MOVIE WALKER PRESS
MENU

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

2011年7月2日公開,110分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

錬金術師エドワード&アルフォンス兄弟の過酷な旅を描いた荒川弘の大ヒットコミックのテレビアニメ、その劇場版第2弾が登場。物語の舞台“嘆きの丘”で兄弟が出会う少女ジュリア役で『ヱヴァンゲリオン新劇場版:破』の坂本真綾、さらにゲストキャラクター役で、お笑いコンビ、ブラックマヨネーズの2人が参加している。

予告編・関連動画

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

失った自分たちの身体を取り戻すための旅を続けるエドワードとアルフォンスは、強力な錬金術を操る脱獄囚メルビンの跡を追って、巨大な崖に囲まれたテーブルシティへたどり着く。そこでジュリアという少女と出会った2人は、彼女の言葉に導かれ、かつて“ミロス”と呼ばれていたこの地に隠されている血塗られた歴史を知ることに。

作品データ

原題
Fullmetal Alchemist: The Sacred Star of Milos
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
松竹=アニプレックス
上映時間
110分

[c]荒川弘/HAGAREN THE MOVIE 2011 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    4.0
    2011/7/24

    ハガレンの映画は原作を完全に無視した物が過去に有ったが、今回は原作の1エピソードを活用した物。 脚本が非常に優れており、展開に無理が無く観ていて飽きない。但し原作の作品世界についての説明は一切無く、そう言った面で一般受けはしないでしょう。 また作画も良く,パースを大胆に取入れた物が有り、アニメ映画としても一級品です。 構図も実写なら撮影がホントに大変!としか言えない物で、これぞアニメ映画!と言いたくなる。まあ大昔の映画を知っている私としては、元ネタの映画のタイトルが言える。 邦画の製作数は相変わらず結構な物が有る様だが、映画としては今イチの物が殆ど。逆にアニメ映画の方は、公開本数に対してハズレの比率が非常に低い。 実写のスタッフの力量の差なのか?それともスタッフが本当にやりたい事が出来るのはアニメしか無いのか? 実写の邦画は、このままで大丈夫なのでしょうか?

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告