BIUTIFUL ビューティフル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

BIUTIFUL ビューティフル

2011年6月25日公開,148分
PG12
  • 上映館を探す

『ノーカントリー』のハビエル・バルデムがカンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝いた痛烈な人間ドラマ。『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が最も描きたかった題材である現代社会の闇の部分をスペインを舞台にリアルに描写。破綻した家族を支える男が自分の末期がんを知り、葛藤する姿を切々とつづる。

予告編・関連動画

BIUTIFUL ビューティフル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スペインのバルセロナ。妻と別れ、2人の幼い子供を養う男、ウスバルは闇社会でさまざまな仕事をこなし、生活を支えていたが、罪の意識を持っていた。ある日、ウスバルは自分が末期がんに侵されていることを知る。動揺するウスバルだったが、残された時間の中で、自身の罪を見つめ、家族のためにできるかぎりの愛を注いでいく。

作品データ

原題
BIUTIFUL
映倫区分
PG12
製作年
2010年
製作国
スペイン メキシコ
配給
ファントムフィルム
上映時間
148分

[c]2009 MENAGE ATROZ S. de R.L. de C.V., MOD PRODUCCIONES, S.L. and IKIRU FILMS S.L. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2013/1/14

    闇の人生を過ごす人たちの あまりにも重いストーリー。 犯罪に手を染めたり、 家族が崩壊したり、 人を裏切ったり。。。 一瞬明るく見えた行き先が もろくも簡単に闇となる。 生と死の狭間で生きていくことで 何かを残したい、人に何かを残したい。 家族に何かを残したい。 周りの人達に何かできないか。。。 すごく悲しい、人の心の奥底にある何かを ほじくられたような気がしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2011/7/1

    社会の底辺で生きる人々。治らない病気を持っていたり、出稼ぎに出てきていたり、危ない橋を渡っても、何らかの仕事をして働かなければならない人たち。そして、弱者から搾取する人も大勢いる。 主人公は、子供達を養うために悪いこともするが、子供や人に対する愛情はある。自分の生い立ちや境遇を考えれば、かなりやさしい人とも言える。亡くなった人の透視をする能力があるから、人の本心も見てきたのであろう。 良かれと思ってすることが、すべて裏目に出てしまうが、それが人生ともいえるのであろう。映画を見終わった後、子供達の未来が心配になってしまった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    1.0
    2011/6/30

    ヨーロッパ系の映画は暗い。 裏社会の闇取引に手を染めた家庭って、あんな感じなんだろうか??? なんかいっぱいいっぱいの生活で、大人の世界を子供が淡々と見てる感じが痛々しくも感じた。 でも子供にとっては、どんな親でも親は親って感じなのかな~~と。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2011/6/27

    客観的に見て。 躁うつ病の母親は節操が無いし。 父親は余命わずかな前立腺癌でしょっちゅう漏らすし。 裏家業の中国人は同性愛者だし。 黒人は違法滞在だし。 警官は賄賂を貰っている。 でも、愛は有るんだよね。 必死で守ろうとしたり、信じようとしたり。 ウスバルは、裏家業で生きているけど、特殊な力を持っている。 『ヒア・アフター』のマット・デイモン見たいに。 死んですぐの成仏出来ない魂と会話が出来る。 でもさ、成仏出来ないわけだから、マイナスの要素なの。 それと対峙している訳だから、体内にマイナス要素が溜まるよね。 それで癌になったのかもね。 先人のベアのように、本当に慈愛に満ちた心でやっていれば、体内に負を溜め込まなかったのかも。 妻と暮らしたいけれど、彼女はまだ不安定で信頼できず、兄も裏切っていて、二人の子供を抱え、誰も、頼れない・・ だけど、最後の最後で、自分を嫌っていた人に与えた親切が報われる・・ それが救いかな・・ 死後の世界は美しそうだしね・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2011/6/17

    人生、悔い思ふ時、時すでに遅し。 根本的に二人の子供を持ちながら、親としての自覚がない。母親も父親も。 危ない橋渡りのようなその日暮らしで稼ぐ父親。バルセロナ?目を疑う底辺の生活は激しくみすぼらしく、悲しい。(欧州のバスルームは全くもって改善する気はないのだろうか。) バルデムただ一人、演技が素晴らしい。体全身から滲み出る苦悩。いやぁ、スペインはよくぞ、彼を生んだ! しかし、である。長い。2時間半は長い。作品が重いだけにこの映画を鑑賞する際は仕事後など持っての他っ!これだけのために一日を費やすべき。 というのも観賞後、後ろからこんな一言が… 「中国人のホモシーン、要らなくね?」 えぇ、要りません。いろんな要素を盛り込みすぎなのだ。バルデムをフォーカスして話を進めればいいものをスペインが抱える社会問題なんかも入れてしまっているのでこんな結果を生んでしまう。せっかくの映画、バルデムの演技、集中するなら2時間内が限度!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告