サイクロプスの涙|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サイクロプスの涙

2010年12月18日公開,74分
  • 上映館を探す

未来を予知できる男と看護師が、男が未来に犯す殺人事件の真相を探ろうとするうち、思わぬ運命の展開に巻き込まれていく。出演は、ヨーロッパの舞台で活躍する河村竜也、「長州ファイブ」の球木ゆかり、「手のひらの幸せ」の河合龍之介、「今日という日が最後なら、」の森口彩乃。監督は、「横川サスペンス」の神酒大亮。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

医師タケル(河合龍之介)は、植物状態の少女に恋していた。リュウ(河村竜也)は、殺人を犯したと言って自首する。しかし殺人現場には死体がなく、争った形跡も発見されなかった。警察が事件を隠そうとしていると思ったリュウは、憤慨し、暴れ出す。リュウは精神科に送られ、措置入院を受けることになる。リュウは、自分は病気ではないと主張する。しかし誰も取り合ってくれず、担当看護師の杏奈(珠木ゆかり)だけが話し相手となる。やがてリュウは、自分の中に未来の記憶があると言い出す。杏奈もそれは信じようとしなかったが、ある日、リュウの予言通りの事件が発生する。リュウは事件の騒ぎに紛れて、病院を脱出する。リュウを病院に連れ戻そうと行方を追ってきた杏奈は、次々と起こる不思議な出来事に彼の予言を信じるようになり、2人で未来の殺人事件の真相を探りに行く。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
ムービーインパクト
上映時間
74分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?