ラブ&ドラッグ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラブ&ドラッグ

2011年11月19日公開,113分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェイミー・レイディ原作のノンフィクションを、『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック監督が映画化したラブストーリー。割り切った関係から始まった男女が、真実の愛にたどり着くまでの過程をコミカルかつドラマチックに描写。ジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイが『ブロークバック・マウンテン』に続き再共演。

予告編・関連動画

ラブ&ドラッグ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

医学部を中退し、ノリの良さと巧みな話術で世間を渡ってきたジェイミー。大手製薬会社のセールスマンに転職した彼は、配属されたピッツバーグで、若く美しいパーキンソン病の患者マギーと出会う。名うてのプレイボーイのジェイミーは、早速マギーとベッドイン。お互いに割り切った付き合いだったが、次第にマギーに惹かれていく。

作品データ

原題
LOVE & OTHER DRUGS
映倫区分
R15+
製作年
2010年
製作国
アメリカ
配給
エスピーオー
上映時間
113分

[c]2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    4.0
    2011/11/30

    かなりきわどいし、軽いノリで始まるけど、結構重いテーマだった。

    将来介護が必要になり、人格も変わってしまうだろう病気の恋人。
    彼女と共に生きる事を選ぶのか・・

    その道を選んでも、この先何度も後悔するだろう。例えその都度乗り越えたとしても。
    それが解っているから、恋愛に深入りしない、マギー。
    でも恋してしまった。幸せだった。
    この先への恐怖を抱えながらね。

    愛があれば大丈夫・・なんてのは綺麗事・・って事は、誰だって解っているでしょ。

    選択は難しいよね。

    でも、奥さんに追い出された居候の駄目弟が教えてくれた。
    遊びじゃ、楽しくない事。
    沢山の美女と遊ぶより、たった一人の奥さんが良い・・って。

    それはそうなのかもねぇ。

    最後のアンの表情が凄く良かった。顔くしゃくしゃにして泣いてさまになる女優、少ないかも。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告