アジョシ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アジョシ

2011年9月17日公開,119分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

韓国で2010年の興行成績No.1ヒットを記録した、ウォンビンの初単独主演作。心に傷を負った元特殊部隊員の男が、唯一心を許していた少女を救うために犯罪組織との戦いに挑む。少女役を務めるのは、『冬の小鳥』の天才子役キム・セロン。鍛え上げられた肉体を駆使してウォンビンが見せる、息を飲むアクション・シーンは必見!

予告編・関連動画

アジョシ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

過去のある事件で夢も希望も失った元特殊部隊員のテシクは、都会の片隅でひとりで質屋を営んでいた。テシクの隣に住む少女ソミは、彼のことを“アジョシ(おじさん)”と呼んで、ただ一人の友達として慕っていた。ある日、ソミは麻薬密売に巻き込まれた母親と共に誘拐されてしまい、テシクは彼女を救うべく犯罪組織を追い詰めていく。

作品データ

原題
THE MAN FROM NOWHERE
映倫区分
R15+
製作年
2010年
製作国
韓国
配給
東映
上映時間
119分

[c]2010 CJ ENTERTAINMENT INC. & UNITED PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2011/9/24

    アクション映画は苦手だし、血が流れるのはもっと苦手。でも予告編を見る限り、面白い作品に違いないという予感があり見てみました。
    緩急のうちの緩の部分がほとんど無くて、緊張しっ放し。2時間もの間、観客の集中を途切れさせないっていうなかなかできないことをサラリとやり遂げてしまっています。ただし、さすがR15指定らしく、目を開けていられないくらいの暴力的なシーンが少なからずあります。
    主要登場人物の考えていることがちゃんと理解していける作品はジャンルを超えて楽しめると教えてくれる作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    toku69

    4.0
    2011/9/6

    試写会にて

    甘ーい韓流作品ではなく、万人受けの作品ではありません。
    でも個人的には、よかったんですよね~。

    ウォンビンって、アイドル俳優のイメージがずっとありましたが、
    この作品では、アクション俳優といってもいいくらい
    スタント凄いです。肉体美も「すげっ」と思いました(笑)

    大まかストーリーは、質屋のテシクと隣人の子供・ソミの物語。
    ソミの(どうしようもない)母親のせいで、犯罪組織に拉致された
    ソミを助けるために、巻き込まれ奔走する・・
    クスリ、人身・臓器売買・・と心が痛む内容です。

    過去の傷に世離れし生きるテシクと孤独な少女ソミ、という
    内容としては、韓流バイオレンスには、よくありそうなのですが、
    こうなるのかな、と思うと、そうなって進んでいきます。

    けっこう、グロいシーンもありますので、苦手な人はご注意。

    セリフ少なく寡黙で、気持ちいいくらい強いウォンビンと、
    ソミ役の子役の演技はグッと来ますし、
    駄菓子屋のおじいちゃんが、この作品の一服の清涼剤になってます。
    あと、平井堅似の敵の殺し屋。ホントはいいヤツで、
    言い訳もせず戦ったのは、個人的によかった!

    いや~、それにしてもウォンビン、見直した。
    前作品の『母なる証明』観たくなってきました。

    もうひとつ。
    余計な事ですが、ウォンビンは短髪がお似合いだと思います。

    違反報告