月光ノ仮面|MOVIE WALKER PRESS
MENU

月光ノ仮面

2012年1月14日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『板尾創路の脱獄王』で映画監督に初挑戦し、その独特の世界観で注目を浴びたお笑い芸人・板尾創路。その監督第2作は、古典落語“粗忽長屋”をモチーフにした人間ドラマ。戦後の日本を舞台に、戦いで傷つきながらも故郷へ戻ってきた落語家を板尾自身が演じる。浅野忠信や石原さとみといった豪華共演陣が脇を固める。

予告編・関連動画

月光ノ仮面

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和22年。戦死したと伝えられていた男が帰郷する。彼は落語家・森乃家うさぎとして人気を博した存在だったが、戦争で負った傷により、顔を包帯で包み、一切の記憶を亡くしていた。だが、彼はかすかな記憶をたどるように、空ろな口調で得意としていた落語“粗忽長屋”をつぶやくのだった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
角川映画
上映時間
102分

[c]2011「月光ノ仮面」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    2.0
    2012/2/8

    松本人志の悪い所を真似たような作品。シュール(意味不明)な演出を入れれば芸術扱いされるという安直な姿勢が随所に目立つ。映画のストーリーとは全く関係なくドクター中松を登場させるなど、前作同様、テレビのコントと映画のギャグとの違いが分かっていない。時間の流れや間が違う舞台で同じことをやっても笑いは取れない。話のオチが用意されていたのはせめてもの救い

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/1/24

    真面目に考えながら観ているとズッコケてしまいます。
    落語「粗忽長屋」をネタに「いれかわり」と「二人羽織」から発想をいただき、「二十世紀少年」の流れで組み立てたシュールな娯楽作品です。
    自ら“ダークファンタジー”と謳っている通り決して楽しくない映画ですが、各所に滑稽と言うか訳の分からないと言うか意図的に常識を覆す場面が挿入されています。そこに興味が集中してしまうのが、この作品の怖さかもしれません。役者のキャラ立ち中心で見ると楽しめるマニアックな映画です。
    因みに自分は六角さん狙いでしたが、予想通りの“嫌な奴”を好演してくれました。当りです!

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    1.0
    2012/1/5

    新年初の試写会だったんだけど、なんだかわけがわからん映画でした。
    そもそも板尾創路の映画って、無言が多い。
    今回はなんかモゴモゴ言ってたところもあったけど、全然聞き取れんで......................(;一_一)

    弥生はいいなずけの顔を知らんかったん???
    ○○しちゃってから、本物が現れてもね~ぇ。
    それにしても今日はなんで20歳以上じゃないと観れなかったの???
    PG-12、R-15、R-18はあったけど、20歳以上のやつなんてあったっけ???
    それにどこがRだったりする???って感じだったんですけど........................。

    違反報告