シャンハイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シャンハイ

2011年8月20日公開,105分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1941年、太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台に米国謀報員の死から始まった列強国の陰謀に巻き込まれる男女の姿を描くサスペンス。ジョン・キューザック、チョウ・ユンファ、コン・リーという米中のキャストに加えて、日本からは渡辺謙らが参加。豪華キャストの共演で、陰謀と愛が渦巻くドラマが繰り広げられる。

予告編・関連動画

シャンハイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

親友の死の真相を探るべく、太平洋戦争開戦前夜の上海にやってきた米国諜報員ポール。だが、そこには中国、アメリカ、日本を巡る巨大な陰謀が潜んでいた。ポールは日本人将校のタナカに執拗に追われながらも、事件のカギを握る裏社会のドン、ランティンとその妻アンナに辿りつく。だが、アンナとの出会いがポールの運命を大きく変えることに。

作品データ

原題
SHANGHAI
映倫区分
PG12
製作年
2010年
製作国
アメリカ 中国
配給
ギャガ
上映時間
105分

[c]2009 TWC Asian Film Fund, LLC. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/8/12

    映画に「ランボー」的な勧善懲悪ストーリーを求める人には、ムリでしょうね。

    また「水戸黄門」的な正義感を求める人にも、ムリでしょうね。

    人生とはすべて何らかの理屈があるはずだ、と思っている人にも、この映画はムリだと思います。

    人生は相当に不条理なことがあると思っている人には、この映画、最高に面白いと思います。

    1940年代のシャンハイの空気を、心ゆくまで味わうことができるからです。

    右翼的な非難の言葉も、この映画には当てはまりません。
    観る人間を選ぶ映画ではありますが、私にとって、最高点を与えてもおかしくない映画だと思いました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2011/9/1

    時代背景が分からないと、単なるメロドラマにしか見えないかも知れません。時代背景を知った上で見ることをお薦めします。映画自体はフィクションですが、あの時代、間違えなく、この映画に出てくるような人生を強いられた人達が、大勢居たはずだと、納得させられる一作。登場人物の設定のみならず、背景の諜報活動の内容についても、事前のリサーチが、ものすごく丁寧に行われていると思います。
    渡辺謙さんの存在感が際立った一方、チョウ・ユンファさん男臭さの衰えも印象に残りました。時代は変わりましたね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2011/8/8

    歴史の知識がないせいか、難し~~~~ぃ。
    でも内容があるような..............ないような..................感じもした。
    渡辺謙も頑張ってますね。主役ではないんですけど、結構存在感がありました。
    最後はしゃれた計らいをしてくれ、かっこよかったです。
    それぞれのその後も、みんな大切にするものがあるって感じでよかったです。
    でもやっぱり難しかった~~~ぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2011/8/5

    世界的陰謀があったコナーの死、それを取り巻く豪華cast陣、しかしJ.キューザックとコン・リーのラブも多少絡めた二人の行く末は正直地味。違った物語だったら華があったのかも知れない。現実は定かでないが、とにかく銃撃がすさまじい。一般市民も容赦なく巻き添えを否めない。そして雨に暗い道路、誰が誰を殺して、誰が死んだのか、結果論で判明する具合。わかりづらい。せっかくの国際cast。しかしここに菊池凛子起用は大分もったいない。なぜ彼女がヤク中なのか、ほぼ説明なしの添え役。もったいない札を使ってしまった。ラストのポールとタナカの鉢合わせで物言う渡辺謙の眼力は国際級レベル。上海は魅惑的だがそれを映像で出し切れていない、残念な結果。

    違反報告