魔法少女を忘れない|MOVIE WALKER PRESS
MENU

魔法少女を忘れない

2011年3月19日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ハイキック・ガール」の高橋龍輝、「火垂るの墓」の谷内里早、「戦闘少女 血の鉄仮面伝説」の森田涼花、『炎神戦隊ゴーオンジャー』の碓井将大といった若手俳優が一堂に会し、しなな泰之のライトノベルを映画化。かつて魔法少女だったという少女と、彼女を取り巻く兄や友人たちの交流を、福岡を舞台に瑞々しく描く。2011年3月19日より、福岡・シネ・リーブル博多駅にて先行公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校生の北岡悠也(高橋龍輝)は、ある日突然、母親から妹を紹介される。みらい(谷内里早)という名の妹は元魔法少女だった。生まれたときからひとりぼっちのみらい。父はおらず、母も仕事で家を空けがちだったため、ぎこちないながらも悠也はみらいと2人だけの生活を始める。一緒に朝食を摂り、自転車で登校し、夜になれば同じ家に帰る。一見どこにでもいる兄妹のように見えるが、自分の知らない世界を生きてきた少女に対して、悠也は兄として向き合うことに戸惑いを覚える。2人のそんな事情を知っているのは、古本屋でバイトする幼なじみの千花(森田涼花)くらい。それでもミュージシャン志望の直樹(碓井将大)や合コンで失敗続きの担任教師、希美(前田亜季)たちとも仲良くなってゆくみらい。みんなと撮ったプリクラ、ダンスのレッスン、はじめての海水浴など、高校生活を満喫する。ありきたりとは言え、ささやかな喜びに満ちた日々。悠也のみらいに対する感情は、次第に特別なものに変わってゆく。しかしそんな日々は長くは続かなかった。次第に、人々の中からみらいに関する記憶が消えつつあったのだ。それに気づいた悠也は、なんとしても彼女を忘れないようにしようと、全力を尽くすのだが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
テレビ西日本=SPOTTED PRODUCTIONS
上映時間
95分

[c]しなな泰之・集英社 /「魔法少女を忘れない」パートナーズ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2012/3/3

    少女とそれを取り巻く人々の物語。
    普通、例えば少女が難病だったり、脳の病気かなんかで周りの人のことを忘れて行く話ってあるでしょう?それだったらあるよね!ところが、この作品では逆で、周りの人々が彼女のことを忘れて行ってしまう。その喪失感が辛く、切ない!
    例えば、卒業して何年も経って、どうしても思い出せない人っているよね。それがリアルタイムで起きたら?やはり怖いし、許せないし、青春の痛みを感じるよね。
    この作品は終わりの少し前まで、少女はなんとなく、忘れられるという不安は持っているんだけど、周りはごく普通の青春を過ごして行く、しかし・・・という展開。
    これは、凄い!誰でも思っている青春の不安、青春の痛みをモロ描いていて、最高!
    ちょっと最後がファンタジーになっていて、でき過ぎだけど。絶対観る価値あり!
    皆こういう思いってあると思う!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告