七つまでは神のうち:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
七つまでは神のうち
七つまでは神のうち

七つまでは神のうち

2011年8月20日公開,82分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ほんとにあった怖い話』シリーズなどで心理ホラーに優れた手腕を発揮する新進クリエイター、三宅隆太が監督・脚本を手がけたサスペンス・スリラー。特殊造形とVFXを駆使したダークな映像美で、複数の少女失踪事件の闇に迫る。バラエティ番組などで売り出し中のモデル、日南響子が映画初主演。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、拘束された少女を乗せた不審なワゴン車を目撃した繭は、その車を追って迷い込んだ森の中で、行方不明になってしまう。一方、閑静な住宅地に住む少女・さくら、近くでホラー映画のロケをしていた新人女優の麗奈も、同じ森で消息を絶った。相次ぐ失踪の裏には、10年前のとある事件が隠されていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
S・D・P
上映時間
82分
製作会社
スターダスト音楽出版

[c]STARDUSTMUSIC, INC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?