シンパシー・フォー・デリシャス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シンパシー・フォー・デリシャス

2011年4月30日公開,101分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

元DJが人を治癒する力に目覚め、音楽での成功を目指すが……。「シャッターアイランド」の俳優マーク・ラファロの監督デビュー作で、2010年サンダンス映画祭審査員特別賞を受賞。出演は、「ローラーガールズ・ダイアリー」のジュリエット・ルイス、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのオーランド・ブルーム。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

伝説的DJとして名を馳せていた、ディーンことデリシャスD(クリストファー・ソーントン)は、事故により体が麻痺し、スラム街で車上生活を送っていた。そんななか、ディーンは情熱的な神父ジョー(マーク・ラファロ)と出会う。ある日、ディーンは、人々を治癒する能力が自分にあることに気づく。しかし、自分自身を治癒することはできなかった。ジョーは、ディーンの力で不自由な人々を治していく。すると、たちまち彼の周りに人が集まってきた。ディーンは次第に欲が芽生え出し、この力で富と名声を得ようと思い立つ。ディーンは成し得なかった音楽の世界での成功を目指し、ロックバンドに加わる。バンドを率いるカリスマ的リーダー・ステイン(オーランド・ブルーム)、ベーシストのアリエル(ジュリエット・ルイス)、マネージャーのニーナ・ホーグ(ローラ・リニー)と共に新たな人生を歩み始めようとするが……。

作品データ

原題
Sympathy for Delicious
製作年
2010年
製作国
アメリカ
配給
ファインフィルムズ
上映時間
101分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2011/4/30

    Orlando・Bloomを前面に出すことによって、客層を広げようとして居ますが、彼は主役では有りません。
    一生懸命、綺麗な良い子キャラから抜け出そうともがいていた彼がチョイスした役・・
    ちょい役なんですけどね、頑張って悪ぶってましたけどね、やっぱり可愛らしいのよ。

    まぁ、ディーンが汚くてワイルドすぎるんだけど・・

    皆どこか病んでいるホームレスたち。
    ディーンはDJとしての才能と、過去の名声を持て余しているホームレス。
    事故で麻痺した半身を取り戻したいと言う弱音を見せるのは嫌だけど、でも切望している・・
    事実を受け入れられないんだね。
    でもそりゃあそうよね。誰だって、受け入れたくないでしょ?

    それがよりによって、触っただけで他人の病気を治せるようになってしまう。
    車椅子でトイレに駆け込み、自分の体中触りまくる姿が切実でいじらしいの。
    でも、自分自身は治せない。他人でも、直らない人も居る。
    最初は偶然。そして困っている人に縋りつかれて。神父のジョーに頼まれ人助けで・・
    そしてジョーはより多くの人を救いたくなり、のホームセスのケアハウスを造る自分の夢にディーンを利用し出す。
    そしてそれが止まらなくなる・・
    利用されているとディーンも感じたのね。
    何より、皆は治って行くのに、相変わらず車椅子の生活の自分が辛いのよね。
    救世主にはなれないんだ・・ジョーも聖職者の道を外れちゃう。

    彼がやりたかったのは音楽で、ジョーから逃げ出すように、ステインのパンクバンドに加わるの。
    スティンが悪ぶっているOrlandoね。
    スティンは音楽がメインで、余興としてディーンの力を見せようとしたの。
    でも、観客はディーンの癒しを切望し出す。
    ディーン自身もどんどん天狗になって行き、スティンたちを下に見出すの。
    彼らは遅かれ早かれ壊れたと思うけど、その前に、悲劇が起きる。
    ディーンの人生がまた変わるの。

    でもね、彼は自分の半身が治る事が救いだ・・と思って居たんだけど、そうじゃなかったのよね。
    だって、彼、幸せそうだったじゃない?

    それが起きたきっかけは、勿論ディーンの行いだったんだけど、評判の為じゃなく、お金の為じゃなく、僻みを捨てて友の為に・・とした行いによって・・なんだよね。

    何も状況は変わっていないかもしれないけど、むしろ更に困難になっているかもしれないけれど、それでも清々しいラストだったのよね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告