X-MEN:ファースト・ジェネレーション|MOVIE WALKER PRESS
MENU

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

2011年6月11日公開,131分
  • 上映館を探す

世界中で大ヒットを記録するSFアクションシリーズの前日譚。『キック・アス』で熱狂的な支持を集めたマシュー・ヴォーン監督のもと、『つぐない』のジェームズ・マカヴォイら若手スターを多数起用。X-MENを設立するチャールズとテロリスト軍団ブラザーフッドの首領となるエリックの若き日の知られざるエピソードがつづられる。

予告編・関連動画

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

裕福な家庭で育ち、名門大学に通うチャールズは、母親と引き裂かれた悲しい過去を持つエリックと出会う。チャールズはテレパシー能力を、エリックは金属を自由に操ることができるミュータントだった。彼らはたちまち親友になるが、CIAの依頼を受けて悪のミュータント軍団と闘ううちに意見が対立。2人の友情は決裂してしまう。

作品データ

原題
X-Men: First Class
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
131分

X-Men Character Likenesses TM & [c]2011 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and [c]2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.3
  • rikoriko2255

    たれ

    5.0
    2011/7/15

    全作観ているファンなら、絶対見逃せません。 「えっ?」「あっ!」「なるほど…」様々な場面が満載で、大満足でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2011/6/26

    シリーズ全て見ています。今回は俳優も一新してどんな展開になるかと思いきや、すっごく面白かったです。\(^◯^)プロフェッサーXとマグニートって今まで似ていて俳優が同一人物かと思った程でしたが、今回は全く別人でしたね。(^^ゞプロフェッサーXとマグニートの名前の由来や、なぜX-MENという名になったのかとかプロフェッサーXが車椅子に乗っていた理由やマグニートがヘルメットを被っている理由もわかりスッキリしました。何より映像が最新技術を駆使して迫力あってスピーディで音響効果も含め凄いですし、ストーリーも魅力的!現実に起きたキューバ危機まで本作で取り入れているのにはびっくりしました。(O_o)WAO!!人間でない、ミュータントとしての生き方って、自分が人と違うって自分の存在価値について感じられる、内面の描写も良かったです。訓練していたシーンは爽快感もありました。それにしてもマグニートってつらい過去があったんだなぁ。本当はいい人だったんだ。(>o<)マグニートに対して今までと違うイメージになりました。本当に悪い奴なんていない!様々な過去や理由があって別々の生き方になるんだって思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2011/6/23

    おなじみの「X-MEN」シリーズ原点を描いた事になる作品です。プロフェッサーは結構エゴイストだったのですねエ~。マグニートの生い立ちや、各キャラクターの能力成長過程、かつては同志だったプロフェッサーとマグニートの対立構造の原点、CIAや国際的組織&国家との関係等々、これまでの作品で「何で?」と思った色々が判ってスッキリしました。特に「ビースト誕生秘話」は見逃せませんヨ! もちろんCGや特撮テンコ盛りでタップリ楽しめるSFアクション映画の王道です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    5.0
    2011/6/22

    シリーズを全作を観た人は絶対見なきゃダメです。 壮大なストーリーがここから始まったんですね。 迫力ある映像、迫力あるストーリー 迫力ある登場人物たち・・・ どれをとってもピカ一でしょ。 最高でした♪

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2011/6/17

    もうね、切ないわ。 マグニートって、黄色い星の少年だったのね! 宗教と人種で迫害され、自分の能力のせいで、親を亡くし、無理矢理教育された。 そりゃあ、人格ゆがむわね。 その点、プロフェッサーXは裕福で、寂しい子供時代。 だけど、人の心の弱さや、美しい思い出が見られるから、人間嫌いにならずに育った。 授かった能力の違いと、その生い立ちが道を隔てて行くんだけど、短い間とはいえ、二人があんなに解り合い、助け合い、笑い合って行動を共にしていたなんて、凄く衝撃的でした。 見終わって、凄くウルヴァリンシリーズの『X-MEN』も見たくなりましたよ~ なんたって、「一昨日来やがれ!」のキャラクターや「髪に触るな!」とか「これで本当の教授だ。すぐに禿るな・・」なんて台詞が可笑しくて~ それに、Xの若かりし頃がマカヴォイさんだと思うと、今までに無い愛情こもった目で見られそうでしょ。 即出のシリーズに繋げて行く感じが、凄く上手いし、切ないんだけど、ユーモアも有る。 ミュータントに反撃され、最期を覚悟した軍人たちが「君たちと共に戦えて光栄に思う」なんて言うシーンは、戦争映画にも出てくるけど、うるっと来るわ。潔くて。 まぁ、愚かな人間の代表なんだけど・・ むしろ、彼らより、現場に居ない上層部が問題よね。 「だから女は・・」なんて差別的発言はするし。 そう言う作りも上手いでしょ。 出会ったばかりの新人同士が協力し合うシーンも凄く好きよ♪ 凄く格好良いし、是非続きを作って欲しいなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2011/6/10

    「ミュータント」イコールSF、と思っていたけれど、背景がキューバ危機だから50年も前のことのはず・・・何と言えばいいの?? 派手なシーンが多い分、ミュータント達の「人間」としての描かれ方が幾分足りないかも。だからチャールズとエリックが違う道を選ぶところの説得力が弱いのでは? CG処理の実写映画って実はちょっと苦手だったんですけれど、戦闘シーンなど違和感無く楽しめました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告