テルマエ・ロマエ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

テルマエ・ロマエ

2012年4月28日公開,108分
  • 上映館を探す

マンガ大賞2010と手塚治虫文化賞短編賞をW受賞したヤマザキマリの異色コミック「テルマエ・ロマエ」を阿部寛、上戸彩の主演で映画化。古代ローマの浴場と現代日本の銭湯を舞台に、すったもんだの異文化交流を壮大なスケールで描くタイムスリップコメディ。古代ローマ人になりきった阿部の“シリアス”演技が笑いを誘う。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦130年代のローマ。失業した浴場専門の設計技師ルシウス・モデストゥスは、気晴らしに出かけた浴場で奇妙な排水口に吸い込まれ、どこかへ流されてしまう。そこは“平たい顔族”の人々が暮らす現代の日本だった。ルシウスは、初めて見た銭湯の脱衣かご、シャンプー、フルーツ牛乳などにとてつもない衝撃を受ける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
108分

[C]2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.6
  • 夙の一郎

    5
    2014/5/6

    深夜のアニメ版を見て衝撃を受けて、迷わず映画を観ました。
    何しろアニメが斬新でとんでもなく面白かったのですが映画でも阿部さんのルシウスがこれまたあまりにもはまっていてひたすら笑いました。二枚目阿部寛さんのリアクション芸?は上田教授以来の新境地です。笑いの中に、風呂文化への愛着と含蓄がありますね。
    あらためて原作コミックスを揃えましたが本当に素晴らしいです。原作至上主義なところが私にはあるので観る順番も良かったと思います。最後に映画オリジナルキャラの上戸さんが可愛らしくかつ、色っぽいのが新発見でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • magyo

    4
    2014/4/25

    とにかくおもしろい!!セットも豪華で、阿部寛がいい味出してます。周りも皆笑っているので、家気分でたのしめました♪

    今回は、まさかまさかの恋の行方も楽しいポイントでした。
    とにかく笑いたい!って人に良いと思います。また、日本の新旧の温泉のすばらしさが映像と演技・台詞から伝わってくるので、外国人の方にも見ていただきたいと思います。

    題名のとおり、映画でたくさん笑った後、温泉にいきたくなりました。今は、一緒に言った友達と温泉旅行企画中です(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • mmky

    2
    2014/1/16

    面白いという評判だったので期待しすぎました。普通に見れば面白かったのかも…最初に原作を見た方がよかったかなと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告