海峡をつなぐ光 玉虫と少女と日韓歴史ロマン|MOVIE WALKER PRESS
MENU
海峡をつなぐ光 玉虫と少女と日韓歴史ロマン
海峡をつなぐ光 玉虫と少女と日韓歴史ロマン

海峡をつなぐ光 玉虫と少女と日韓歴史ロマン

2011年6月25日公開,65分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

飛鳥時代の“玉虫厨子”と新羅時代の“玉虫馬具”。近い時期に日韓で制作されたと言われるこれらの品の復元作業を通じて、両国の文化交流の歴史を探るドキュメンタリー。ナビゲーターとして進行を担当するのは、山田悠介原作の「アバター」などで女優として活躍する在日4世の入矢麻衣。監督は「蘇る玉虫厨子」も手掛けた乾弘明。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

今からおよそ1,400年前の飛鳥時代に制作され、推古天皇が祈りを捧げたと言われる国宝“玉虫厨子”。韓国でも、玉虫厨子の100年前に制作され、新羅時代の王が使用したと言われる“玉虫馬具”が古墳群から発見された。これも玉虫厨子と同様に玉虫の翅で装飾されたものだった。偶然にもほぼ同じ時期に、これら歴史的美術品の復元プロジェクトが日韓両国の職人によりスタート。両国の職人たちは、まるで1,400~1,500年前の制作者たちと対話をするかのように、少しずつ疑問を解きながら、見事に復元してゆく。その仕事場を、女優として活躍する在日4世の入矢麻衣が訪ねる。玉虫が繋ぐ日本と韓国の新たなる可能性とは……?

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本 韓国
配給
海峡をつなぐ光製作委員会
上映時間
65分

[c]2011海峡をつなぐ光製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?