メランコリア:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
メランコリア
メランコリア

メランコリア

2012年2月17日公開,135分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

デンマークの鬼才、ラース・フォン・トリアー監督によるSFスリラー。終末論を暗示する詩的イメージ、常識や良識に対する挑戦的な態度といったトリアーならではの特異な世界が2部構成で展開する。2011年カンヌ国際映画祭でキルスティン・ダンストに主演女優賞をもたらすも、監督自身は問題発言で映画祭を追放されて話題となった。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

メランコリアという名の巨大な惑星が地球に接近しつつあった。その頃、結婚間近のジャスティンは、うつ病に悩まされていた。ジャスティンの姉のクレアと義兄のジョンは、豪華な結婚式を無事に済ませたい一心で彼女を説得するが、結局、結婚はなかったことに。惑星衝突の瞬間が近づく中、姉妹は激しく対立する。

作品データ

原題
Melancholia
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
デンマーク スウェーデン フランス ドイツ
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
135分
製作会社
Zentropa Entertainments=Memfis Film=Zentropa International Sweden=Slot Machine=Liberator Productions=Zentropa International Koln

[c]2011 Zentropa Entertainments ApS27 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?