ヒミズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒミズ

2012年1月14日公開,130分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「行け!稲中卓球部」の漫画家・古谷実が、ギャグ路線を封印して描いた同名問題作を、『恋の罪』の鬼才・園子温監督が実写映画化。“ある事件”によって運命を狂わされた15歳の男女の姿を描く。主演の染谷将太と二階堂ふみは、ヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優賞に当たるマルチェロ・マストロヤンニ賞をW受賞。

予告編・関連動画

ヒミズ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

普通の大人になることを願う祐一と、愛する人と守り守られ生きることを夢見る景子は共に15歳の中学3年生。ある日、2人の平凡な日常は“ある事件”によって一変してしまう。衝動的に父親を殺してしまった祐一は普通の人生を諦め、世間の害悪となる悪人を殺そうとする。景子はそんな彼を救おうとする。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2011年
製作国
日本
配給
ギャガ
上映時間
130分

[c]「ヒミズ」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ma_maru

    5.0
    2012/1/17

    漫画原作を読まないで映画を観ました。ついでに言えば、園監督の作品は、「愛のむきだし」以降のファンです。そういうわけですので、ショッキングな映像を期待し、心を鷲づかみにされることを期待して観た訳です。結果どうだったか。感動しました。泣けます。どこが泣けるのか詳細を書くとネタばれになるので割愛しますが、主人公の2人の演技が素晴らしいです。特に、二階堂ふみさん。圧倒的な演技力で物語をグイグイ引っ張ってくれました。

    園子温監督のいつもの独特の世界観が炸裂してます。
    漫画原作ヒミズの世界観をそのまま構築したというのではなく、監督の解釈によってヒミズが再構築された結果によるもの、という印象が強いです。

    したがって、原作に敬意を持つ方はまた別の感想を抱くだろうと思わるため、映画の好みは分かれる可能性があります。自分は完全にドはまりしました。好みが分かれるとはいえ、このヒリヒリした今の時代をリアルに描いている感動は、今だからこそ味わえるのかな、とも思います。

    辛辣な物語ではありますが、原作を読んでいる人、読んでない人、園監督のファンである人、そうでない人、たくさんの方に観て欲しい、と思いました。

    違反報告