スイッチを押すとき|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スイッチを押すとき

2011年9月17日公開,110分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

テレビドラマや舞台にもなった、『リアル鬼ごっこ』の人気作家・山田悠介の同名小説を映画化。国家プロジェクトの実験材料として自殺装置のスイッチを持たされ、監禁された子供たちと謎めいた看守との運命を描くサスペンス。『ROOKIES 卒業』の小出恵介が看守に、生き残った子供のひとりにテレビドラマ『恋空』の水沢エレナが扮する。

予告編・関連動画

スイッチを押すとき

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

20XX年。政府は増加する10代の自殺の原因を探るため、10歳の子供たちを施設に監禁し、心臓に埋め込まれた自殺装置のスイッチを持たせるという実験を開始。孤独と恐怖に耐えられずに多くの子供が自殺していく中、横須賀の施設では6人が7年も生き抜いていた。そんなある日、謎めいた看守・南が赴任し、彼らは次第に南に心を開いていく。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2011年
製作国
日本
配給
フェイス・トゥ・フェイス=リベロ
上映時間
110分

[c]2011山田悠介/「スイッチを押すとき」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?