すみれはブルー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
すみれはブルー
すみれはブルー

すみれはブルー

1987年4月18日公開,86分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジャーナリストたちの再び燃え上がる愛を描いたラヴストーリー。製作はメアリーケイ・パウエル、監督は“The Big Fix(未)でデビューし、これが2作目となるジャック・フィスク、撮影はラルフ・ボード、音楽はパトリック・ウィリアムスが担当。出演は監督の夫人でもあるシシー・スペイセク、ケヴィン・クラインほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

休暇のため故郷のオーシャン・シティに帰ってきた、フォトジャーナリストのグッシー・ソーヤー(シシー・スペイセク)は、かつての恋人で町の新聞社を経営しているヘンリー・スクワイヤーズ(ケヴィン・クライン)と再会する。彼には妻ルース(ボニー・ベデリア)も息子もいるのだが、彼の家に招かれた夜、帰途雨の中で再び結ばれる。夏の海、2人は逢瀬を楽しむが、既にルースはそれを知っている。ある日ヨットで島へ渡った2人は宅地開発業者が野生のポニーを捕えている現場に出くわす。2人はこの自然破壊の告発記事をヘンリーの新聞のスクープとした。しかし、この一件は2人の愛の再燃を公表する形となり、ヘンリーの家庭は崩壊の危機を迎える。だが、ヘンリーの愛を信じるグッシーは周囲の事情を意に介せず、ニューヨークの一流雑誌から依頼があったことを機会にヘンリーと組んで仕事をするよう話をつける。グッシーの休暇も終わりが近づく。ついに家庭を去ることを決意したヘンリーを、空港で待つグッシー。彼は出発直前になってやって来るが、やはり妻の元に戻る。グッシーはひとり飛行機に乗って故郷の町を後にするのであった。

作品データ

原題
Violets are Blue
製作年
1986年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画
上映時間
86分
製作会社
ラスター・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?