マン・オブ・スティール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マン・オブ・スティール

2013年8月30日公開,143分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

これまでに何度も映像化されてきた、DCコミックの人気ヒーロー、スーパーマンの新たな物語を『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督が創造。故郷クリプトン星を後にし、地球で育ったスーパーマンが強大な敵に立ち向かう姿が描かれる。新鋭ヘンリー・カヴィルが英国人として初めてスーパーマンを演じる。

予告編・関連動画

マン・オブ・スティール

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高度な文明を持つクリプトン星は最後の時を迎えようとしていた。ジョー・エルは妻との間に生まれた我が子を星のすべての記録をメモリーした“コディックス”とともに小型宇宙船に乗せ、宇宙の彼方へと送り出す。地球のとある夫婦の下でクラークと名付けられ育てられた彼は、人智を超えた力に戸惑いながらも、成長していく。

作品データ

原題
Man of Steel
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
143分

TM & [c] 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & [c] DC COMICS [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    kro

    4.5
    2021/5/5

    期待してなかったから

    めちゃくちゃ良かった。

    見てよかった。

    戦闘シーンも素晴らしい

    ヘンリー・カヴィルの筋肉も素晴らしい。

    まさにスーパーマンだ

    違反報告
  • rikoriko2255

    やまひで

    3.0
    2017/4/16

    スーパー・マンはアメリカ白人的に折り目正しくなければいけない。その意味で、今回のキャスティングは正解であろう。CGが多用されているのも、昨今のアメコミの映画化の趨勢に対応するものであろうし、また、一般大衆の映画的要求もそこに落ち着いていているので、肯けるものである。

    ただ、今回の映画化で個人的、恐らくは男の視点から気になった役柄がある。Faora (Hu)-Ulである。彼女は、「スーパー・マン」の悪役の世界では、スーパー・マンと同じくクリプトン星出身で、スーパー・マンの最強の敵対者の一人である、ゾッド将軍の部下である。Wikipediaによると、Faora-Ulは、マーシャル・アーツをたしなむ女戦士で、男嫌いのアマゾンという設定である。

    さて、この役を今回担っているのが、ドイツ人女優のアンティエ・トラウエで、彼女の端正な顔立ちがFaora-Ulの役柄にうまく合っていて、今回目に付いたので、少し彼女を紹介したい。彼女は、1981年に東ドイツに生まれ、子供の頃には一時はタレント養成を受ける程に体操が得意だったそうである。その後、生徒時代に俳優になることを目指し、2002年からはベルリンで本格的に俳優養成を受け、2004年からドイツで定期的に映画・テレビで役を得るようになる。2009年のUSA・ドイツ合作のSF映画『パンドラム』で国際的デビューを果たす。Man of Steel (2013) 以降も、ドイツに定住しながら、国際的仕事と並んで、ドイツで手堅く映画・テレビの役を年に数本こなしている。今後の彼女の俳優としての成長に期待したい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2013/9/19

    TV版「スーパーマン」シリーズ、白黒テレビで見てました。子供心に「格好良い~」と憧れていました。ジョージ・リーヴズさんが四角い顔のぷよマッチョでパチパチの全身タイツで電話ボックスから出てくるのが印象的でした。何となく好きなMYヒーローです。
    1938年に登場した、SFアメコミ最初の老舗ヒーロー。「鳥だ」「飛行機だ」「スーパーマンだ」の叫びが頭にこびり付いています。印象的なマントひらひら、当時の日本も、黄金バットも月光仮面もハリマオも少年ジェットもヒーローは何かをひらひらさせてました。
    優しく、強く、逞しく、高いビルもひとっ飛び。地球の安全と平和を守るため、悪に敢然と立ち向かう。傷付いても負けても、めげず挫けず熱いハートで勝つまでリベンジ!
    まさにアメリカの求めるヒーロー、「世界の守護者:アメリカ」を象徴するヒーローなのでしょう。その時代その時代に見合った「スーパーマン」が何度も映像で蘇ってきます。正に不滅のヒーローです。
    50年前には高層ビルはエンパイアステートビルぐらいで、低空でも自在に飛んで存分に闘えたでしょうが、今では超高層ビルが所狭しと建ち並んでいるので、暴れまわったら壮絶な破壊と巻き添え死人の山を築いてしまうという悩ましさも描かれています。しかも、父親がケビン・コスナーさんとラッセル・クロウさんなんて羨ましい。母親がアイェレット・ゾラーさんとダイアン・レインさん、ロイス役がエイミー・アダムスさん等々豪華な助演陣も見どころ満載です。
    新たな提起の筋や画になってはいますが、本作も何はともあれヒーロー「スーパーマン」の映画には違いありません。あらゆる点で高度化した「スーパーマン」を思う存分に楽しみましょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2013/9/5

    脇を固める俳優陣に興味惹かれますね。
    父親役にラッセル・クロウ。
    育ての父がケビン・コスナー。
    育ての母がダイアン・レイン。
    彼女にエイミー・アダムス。
    編集長にローレンス・フィッシュバーン。
    この俳優陣はすごい。
    ストーリーも装いも新たになり、
    映像の凄まじさには唖然となっちゃいます。
    ですが、戦闘アクションシーンが
    メチャクチャ激しすぎて、
    半端なくスピードがありすぎて
    何が何だか、ついていくのに必死でした。
    もう少しおとなし目でもいいでしょね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    4.0
    2013/9/3

    どうしても説明的になるので、最初がだるいです。
    戦闘シーンはCGとスピードが凄まじく、目がついていけませんが、迫力があり楽しめました。

    ぜひ3Dで観てほしいですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/8/31

    や~ケヴィン・コスナーにはトウモロコシ畑のある農園が似合うよね?

    こういう超人物は仕方が無いんだろうけど、ぶつかり合う度の周囲の破壊がすさまじい。
    戦うだけで、どれだけ周囲を巻き込んでいるんだか。
    そう思うから見ていて痛々しいんだけど、映像は迫力です。

    ゾッド将軍のDNAには戦士としての物しか埋めこまれて居なくて、それ故の行動だとすると気の毒だわ。
    地球にとっては間違いなくクラーク・ケントが正義だけど、クリプトン星人にとってはそうではないだろうし。

    異星人と知りつつ、見捨てず育てた両親のお陰で地球は救われたんだよね。それが良く解った。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2013/8/30

    大昔のテレビシリーズと変わらないのはロイス・レインという女性が登場することくらい?
    スーパーマンの胸のマークはスーパーマンのイニシャルだと思ってので、ほほーっと思いました。
    地球のお父さんもクリプトン星のお父さんも とても素敵なお父さんでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/8/24

    「スーパーマン」ってことだけを知って鑑賞。ラストにこれが誕生秘話なのかと。だって従来のスーパーマンに比べてデジタル進化してしまったので、こちらの方が未来的でしょう。
    主人公より脇の脇にK.コスナー、D.レイン、R.クロウ、R.フィッシュバーンというcastingがすごい。スーパーマン世代ではないだろうに。特にK.コスナー(久しぶり)の演技が台本とは言え、ちょっとだけなのに惹きつける。地球外生命体がたくさんだと人間の存在が際立つ。

    スーパーマンって地球枠で活躍していた気がするんですが、今回宇宙規模になり、根源的な話の方が壮大過ぎて困惑。身もフタもないがなんで人間そっくりなんでしょうね。
    バッドマンやスパイダーマンと断然違うのはその瞬発力。いやすごい。あやうく見失う。その速さのためか、地球と宇宙を何の隔たりなく移動かつロイスも連れられるんだから、ジャーナリストでも少しは怖がってくれ。

    どのヒーローものも彼らなくして敵にかなわないのだが、アメリカNO.1、軍が梨のつぶてに対抗…。市民は逃げ惑っているはずだが、場所が変われば(セントラルステーション?)敵が来てようやく逃げるって遅いよ。建物がたくさん崩れているはずなのに、このギャップ。
    ロイスの移動もやたら早い。気づけばスーパーマンの近くに…。誕生より記者として身を隠しながらのスーパーマンの方が話が盛り上げるかなぁ。
    かねがね思うのだが、スーパーマンの衣装ってださい。新聞記者のC.ケントはカッコ良いのだけに…(ラストのみで残念)

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/8/22

    スーパーマンの誕生秘話!?
    記者クラーク・ケントの秘密!!

    滅びる寸前の惑星から生まれたばかりの息子を、宇宙船に乗せて地球へと送り出す両親もすごいが、地球での両親も立派!!
    人間離れしていて周囲の人たちに誤解されることを恐れ、むやみにその力を出してはダメだと教え死んでいった父。
    そんなケントがどのようにスーパーヒーローになるのかを描いた作品になっている。
    親の愛情を感じる映画だ。

    スピード感がある映画は、睡魔も襲ってこず観入っちゃいます。
    でもちょっとスピードありすぎで、ビュンビュンが激しくてついてけないとこも(@_@;)

    今回は2Dで観ましたが、3D効果あるかも???

    違反報告