ボーン・レガシー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ボーン・レガシー

2012年9月28日公開,135分
  • 上映館を探す

マット・デイモン主演で人気を博した『ボーン』シリーズの流れを汲むサスペンス・アクション。政府の巨大な陰謀に巻き込まれていく男の運命が描かれる。『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』のジェレミー・レナーが、新たなるヒーロー、アーロン・クロスを独特の雰囲気で演じきる。

予告編・関連動画

ボーン・レガシー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

暗殺のスペシャリストを養成するCIAの極秘プログラム“レッドストーン計画”。その計画によって生み出された最高傑作、ジェイソン・ボーンによってその一部始終が暴露されたはずだった。だが、それは氷山の一角にすぎず、彼が引き起こした事件がきっかけで、アーロンも陰謀に巻き込まれ、生命の危機にさらされることに。

作品データ

原題
The Bourne Legacy
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
135分

[c]2012 Universal Studios. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2012/10/10

    ボーン・シリーズ初見。 幾つもの進行中のプロジェクトを中断しなければならない事態になっちゃった、とは理解したつもりだけど、一部が露呈したことで何で全ての計画抹消ということになってしまうのかしらん。元々蔭の部分を請け負う部署で公になるとヤバいということさえ理解すればいいらしいが。 案外淡々と進む感じ。 訓練中だった主人公が何故か抹殺されそうになる。むしろ一切の説明抜きにここから始まった方がすっきりしたかもしれない。 中途半端なCGではなくて、予算をかけて手間もかけて撮影した映像には引き込まれるものがある。 新しいシリーズの第一作として気楽に見ることをお勧めする。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2012/10/2

    いろんなエキスパートが同時進行で行われている、そうでしょう、そうでしょう。世界には問題が山積みなのだから。 とにかく、手際が良い。危うしという場面もきちんと小道具があるっていう感じ。 J.レナーはじりじり名を広めているが、うーん、良い俳優ですが、アクションを主演っというのはちょっと盛り上がらん。つまりオーラがないのかな。準主役ぐらいで光る演技なのである。(「ハートロッカー」は皆で分かち合った主演という感じです) マニラの猥雑な雰囲気は良い。あんな所でカチェイスって出来るんですねぇ。突然出てきたNO.3は一体誰なんでしょう。これ「ブラックレイン」の松田優作が演じてもおかしくないよね? R.ワイズは相変わらず美しい。E.ノートン、久しぶりに見たらなんか老けてた。(特殊メイク?)J.アレンは本当にカメオ出演みたいで彼女はJ.ボーン専門ですかね。残念。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2012/9/28

    バイクでのアクションシーンはかなりの見ものです。 ジェレミー・レナーのアクションっぷりもいいですね。 ごく普通に暗殺者のアクション作品ってことなら かなり楽しめる内容でした。 が、「ボーン」シリーズってことを考えると 何か物足りなさが感じられます。 薬に左右される暗殺者ってのも ちょっとどうかな?って感じ。 シリーズ化されるのなら今後に期待。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告