すべては「裸になる」から始まって|MOVIE WALKER PRESS
MENU

すべては「裸になる」から始まって

2012年2月11日公開,90分
R18+
  • 上映館を探す

伝説の元AV女優・森下くるみの同名自伝的小説を映画化。AVクイーンとして活躍した彼女と、彼女が憎んでいた父親との関係を描く人間ドラマ。元AKB48で本作が映画初出演となる成田梨紗が、ヒロインを体当たりで熱演。共演は、ドラマ『仮面ライダー剣』の椿隆之。監督は、「ADULT 24歳の恋」の中町サク。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

秋田から目的も持たず上京した18歳の森下くるみ(成田梨紗)が、まだうぶさの残る面持ちで、AVのインタビューを受けている。初めての撮影現場で緊張しながらも服を脱ぎ、大勢の前で裸を晒し、セックスをする。プロ意識を高く持ち、仕事に対して真摯に取り組む森下は、あっという間に有名になり、AVクイーンの名を得る。その後、10年の活動を経て引退した森下は、自伝小説『すべては「裸になる」から始まって』を出版する。すると、自分の環境を赤裸々に告白した内容が各方面から絶賛され、映画化の話まで持ち上がる。脚本を作るなかで森下は、家族の話、撮影現場、彼氏(椿隆之)、よく見る悪夢のことなど、当時を振り返る。しかしAV女優という職業に対する偏見から、脚本は事実と反する方向へ進んでいく。そんななか森下は、上京して以来会っていなかった、殺意を抱くまで憎んでいた父親(中丸新将)と再会する。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2012年
製作国
日本
配給
BANANA FISH
上映時間
90分

[c]2012 森下くるみ/ハピネット [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?