ルート・アイリッシュ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ルート・アイリッシュ

2012年3月31日公開,109分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『麦の穂をゆらす風』でカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた、英国の名匠ケン・ローチによるサスペンスタッチの人間ドラマ。イラク戦争中に約16万人いたという民間兵の目を通し、戦争で友人を失った男やその親族の悲しみ、戦場で日常的に行われる正気を失った出来事の数々、そして軍事ビジネスの恐るべく真実が描き出される。

予告編・関連動画

ルート・アイリッシュ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

民間兵としてイラク戦争に参加したファーガスとフランキーは幼い頃からの友人。任務を終え、先に帰国したファーガスの元にある日、フランキーが亡くなったという知らせが届く。葬儀の時、受け取った遺品の携帯電話の中には民間人が殺される衝撃的な映像が収められており、フランキーの死に疑問を抱いたファーガスは調査を始める。

作品データ

原題
Route Irish
映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
イギリス フランス ベルギー イタリア スペイン
配給
ロングライド
上映時間
109分

[c]Sixteen Films Ltd, Why Not Productions S.A., Wild Bunch S.A., France 2 Cinema, Urania Pictures, Les Films du Fleuve, Tornasol Films S.A, Alta Produccion S.L.U.MMX [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2012/4/6

    戦争は儲かる。どこかで聞いた。
    民間兵ならきっと裏に何かがあるに違いない。
    今は携帯や動画など誰もがその時の現場を保存できる状態だ。そのおかげなのか、一体何が起こっていたのか、ファーガスは一つ一つ、結び目の糸を解していく。ただ、早かった。せっかちな故か、自分もとんでもない過ちを犯してしまった。ただ、潔いのは自分で後始末をしたことだ。せっかちで潔癖症。もう少し熟考したら結果は違っていたはず。兄弟同然の友を失った悲しみ、そして本当の黒幕に怒り爆発、そして懺悔。
    ルート・アイリッシュ、題名に魅かれて観に行ったのだが、とんでもない道だっとは。K.ローチらしい映画。
    悪い時に、悪い場所。人生どんな岐路になるかわからない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2012/4/4

    フランキーの死の真実・・凄く判り難い。
    戦下のイラクでの出来事だからね。
    民間兵って言うのはビジネスとして戦争に参加しているのかな?
    国の兵士とは、気持ちが違うのかな・・?
    やめることは出来なかったのかな・・

    戦争の中、意味も無く命を奪われた人はたくさん居るだろう・・
    その犯罪性を立証するのは、本当に難しいよね。

    意味も無く息子の命を奪われた母にとって、そこにフランキーが居合わせたことは、そして敵を討って見守ろうとするフランキーの親友ファーガスが居てくれたことは唯一の救いなのかな?
    そうでなきゃ、子供たちがどうなったのか、闇の中だもんねぇ。

    戦争の狂気が凄く伝わってきます。
    正常な精神状態ではいられない・・何かが狂っていく感じ。
    そんな中に常に居る一般市民は本当に気の毒・・子供たちも。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告