スープ 生まれ変わりの物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スープ 生まれ変わりの物語

2012年7月7日公開,118分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

数々のドラマ・映画で活躍する個性派俳優、生瀬勝久が初の単独主演を果たしたファンタジー。生瀬が演じるのは、突然の事故であの世へ行ってしまった、落ちこぼれサラリーマン。娘に思いを伝えようと右往左往する不器用な父親像を、ときにコミカルにときにシリアスに演じて共感を呼ぶ。上司役を演じるのは小西真奈美。

予告編・関連動画

スープ 生まれ変わりの物語

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インテリア・デザインの会社に勤める渋谷健一は、仕事ができず、妻には逃げられ、たったひとりの愛娘にも愛想を尽かされる始末だ。ある日、出張先で事故に遭った彼は、同行していた年下の上司・綾瀬由美と一緒に“あの世”をさまようことに。やがて健一は、生前の記憶を保ったまま生まれ変わる方法があると聞きつける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
118分

[c]2012「スープ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/7/18

    小西さんファンのカミさんにお供して観賞。
    正直、興味無かったのですが・・・引っ張られました。
    宗教的側面はありませんが、輪廻転生を面白い切口で見せてくれました。
    あの世は地獄や極楽ではなく、生まれ変わるのを待機する場で、タイミングやキッカケもマチマチ。待つ間に人々?は好き放題やりながら自然と役割分担をしています。転生では前世の記憶が消滅するのですが、生瀬さん演じる渋谷は愛娘に何としても再会して伝えたい事が有ると、記憶持ち転生のために悪戦苦闘します。
    前世であれこれ因縁を持った人達が転生して巡り合ったときに、新たなドラマが生まれてゆきます。
    失敗、葛藤、生老病死、親子の絆、理解と愛情、未練と新生・・・深刻になりがちなテーマを、初単独主演の生瀬さんが体当たりで好演しています。
    人間ファンタジーとも言える、親子で観て欲しい秀作です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2012/7/16

    とにかくネタバレでガンガン行きます。
    まず構成が、前半は死後の世界でベテラン俳優たち、後半はその15年後という設定で若い俳優たち。普通のドラマと逆ですよね。ということで、若い俳優たちの力量が試されました。
    この「生まれ変わり」という概念は昔からあって、例えば男女が惹かれあうのだって、「前世の因果で」とか普通に考えるじゃないですか・・・。という意味では、特に新しくはないと思うけど、そこに今風の価値観を付け加えられたかどいうかが評価のポイントかな?
    松方弘樹は、さすがで、大御所が出て来ると場が締まるね。せっかくの生瀬勝久もちょっとかすんで見えた。
    小西真奈美は、好きな女優で、この映画を観に行った理由のひとつでもあるけど、こういう少し意地悪な役って得意だね。楽しんでいるみたい。
    上映館、上映回数が少ないのが残念。観客はおじさんがほとんど。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2012/7/14

    こちらのレビューが良いので、期待して観に行きました。

    反抗的だった娘ですが、父親の墓前に赤いバラを捧げ続け、生まれ変わった父親が届けたバラで父親と気づくところは泣かせます。

    本で読んだら面白い場面だろうと思われる「あの世」の空間・背景が、レビューから期待しすぎたのでしょうが、物足りなかったのが残念です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告