図書館戦争 革命のつばさ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

図書館戦争 革命のつばさ

2012年6月16日公開,105分
  • 上映館を探す

「フリーター、家を買う。」などで知られる人気作家・有川浩のベストセラーを原作に、武力による検閲から本を守る防衛組織「図書隊」の活躍を描いたアニメの初劇場版。ヒロインの恋の行方と、本を巡る陰謀が繰り広げられる。2008年に放送されたテレビアニメ版に引き続き、プロダクション I.Gがアニメ制作を担当している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2019年(正化31年)。書物を取り締まる「メディア良化法」のもと、全国で過度の検閲が行なわれていた。そんな中、テロ事件が発生。小説家・当麻蔵人の小説がテロの手口に似ているとされ、当麻は“作家狩り”の標的となる。彼を守るために立ち上がった図書特殊部隊隊員・笠原郁は、仲間と共に当局との最終決戦に挑む。

作品データ

原題
LibraryWarTheWingsofRevolution
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
角川映画
上映時間
105分

[c]有川浩・角川書店/図書館戦争フィルムパートナーズ2012 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2012/7/15

    昨年の「阪急電車」が好きだったので、同じ有川浩さん原作ということで見に行きました。 実写とアニメの違いなのか、同じ人が原作ということは切り離してから見ないといけないようです。 今は現実のことには思えないけれど、実はありえそう。 知らぬ間に頭の中までコントロールされている日が来る可能性は否定できないですから。 平和に映画館で過ごせる日常であり続けたいものです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/7/2

    検閲対表現の自由のせめぎ合いが、それを体現する各々の機関のせめぎ合い衝突の姿で描かれる近未来アニメです。 一見、SFチックに仕立てられた映像とストーリーですが、実のところスリルとサスペンスとアクション込みの立派な青春ラブストーリーに仕上がっています。過酷な緊張が続く日々の中で、甘酸っぱい恋心を成就させるために主人公が命懸けで活躍する姿は胸キュンものです。 テレビアニメがベースですが、オリジナル作品としても充分に通用する上級作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告