ヘルタースケルター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヘルタースケルター

2012年7月14日公開,127分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

少女漫画界のカリスマ、岡崎京子の同名コミックを映画化。『さくらん』の蜷川実花監督による極彩色の映像の中、約5年ぶりの本格復帰を果たした沢尻エリカが、過度の整形で心を病んだヒロインを過激に熱演。妖艶な下着姿も披露する。大森南朋、寺島しのぶ、桃井かおりなど世界的に有名な豪華スターの共演にも注目が集まる。

予告編・関連動画

ヘルタースケルター

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

全身整形で完璧な美貌を手にしたトップモデルのりりこ。その秘密を知っているのは所属事務所の社長・多田と、メイク担当のキンちゃんだけだ。だが、りりこの正体に近づこうとする人物が現れる。美容クリニックの不正取引を調査している検察庁の麻田検事だ。麻田の執拗な追求に、りりこは次第に追いつめられていく。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
127分

[c]2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    水口栄一

    5.0
    2021/1/21

    ヘルタースケルターを観た。これは何度も観ているが、観るたびにとても心地よいと思う。沢尻エリカさんは天才的な女優さんだ。こんな素敵な女優さんを見たことがない。また復帰されて、活躍されることを祈っている。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/29

    ほとんど怖いもの見たさで観に行った沢尻エリカのヘルタースケルターでしたが、これが意外や意外、超掘り出し物でした。

    カットが繊細で、とても丹念なシーンが続きます。

    あいにく、蜷川監督の本職であるカメラマンとしての仕事は知りませんが、こういう写真を撮り続けて来た人なのだろうな。極彩色のフィルムを1秒ごとに早送りで観るみたいな錯覚に陥りました。

    開演5分だけでも、相当の予算を使っているのではと思います。

    で、本筋の映画ですが、沢尻エリカのスキャンダルのすべてが、この映画のためのプロモーションだったのかも知れないとまで思えるような(そんなはずはないのですが)仕上がりになっていました。

    沢尻エリカは、役柄がピッタリはまっているので、地のままで演じていて違和感がありません。

    もっとも、最後、記者会見で流血するシーン以降は蛇足に思えましたが……。

    沢尻エリカが、次に何を演じられるだろうかとなると、まったく何も思いつかないものの、今の彼女にとって、この映画はベストの適役だし、周りを支える俳優陣も半端ではないので、写真鑑賞会みたいな感じもありますが、たっぷりと堪能することができると思います。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    monsi

    4.0
    2013/4/28

    賛否両論沸き起こっているこの映画ですが、個人的に好きか嫌いかで言ったら、好きです。否定的な意見には、「予定調和なストーリー」「演技力の低さ」などがありますが、蜷川実花の世界観を表現するために、それらはあまり重要でないのだと思います。要するに、極彩色の映像美で2時間楽しめるということです。

    もちろん、沢尻エリカのエロスに期待している人には必見です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2012/7/25

    前半はエリカがいきなり脱ぐし、○○するし............で、R-15やね~って感じ!!
    雑誌等の写真撮りはおしゃれできれいでかわいかったけど..............、色鮮やかな演出でいいんだけど............だんだん目が疲れてくる。
    高校生のおしゃべりもウザイ。

    昔の芸能人の有頂天にとまってる芸能界のいやらしさが見え見えで..............。
    結構キモイ、エグイ、いやらしい。
    で、エリカは素でいってるんじゃないという感じの演技でした。

    一つの映画であって、大森さん側の映像とエリカ側の映像で、別々に録られてるからちょこっと接点はあるけど、出演者的には交流がなさげ!!
    だから舞台挨拶でもエリカのことを聞いてたが、あっちは知らんって感じで..................。
    ま~ぁ、全体にいやらし系で、ちょっとポルノっぽくも感じた。
    こんな役もやってのけ、エリカは演技力があるのかもしれないけど、落ちた~~~~って感じもしちゃう映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    藤光

    5.0
    2012/7/21

    映画館からまっすぐ帰宅して、ビートルズの名曲「ヘルター・スケルター」(White Album [disk2] 6曲目)を聞きながら、バランタインの30年をハイボールで飲んでいる。蜷川実花渾身の傑作に乾杯!おそらくフランスやイタリア、ドイツあたりでも評判を取り、凱旋帰国するはずだから、今のうちに声を大にして周りの皆に言っておこう。2012年は、「映画界に」世界の蜷川が誕生し、沢尻エリカがこの作品で世界的女優になった年だ、と。それにしても、去年の「八日目の蝉」といい、日本は今世界で一番質の高いエネルギーに溢れた映画を産み出している国なのではないか。44年前の「Helter Skelter」(世界初?のヘビメタ)が、この映画へのオマージュに聞こえる、ポップでサイケデリックでヘビーな、それでいてとことんパーソナルな、中身のある作品。
    検事や病院の悪事を軸にした物語の建て方ももちろん可能だが、あらゆるものを捨てて女の深き欲望を実現して行くリリコを軸にすることで、そうした伝統的なドラマを無化し、独特の浮遊感を表現し得た。これは世界中で多くの映画人が挑戦し、必ずしも成功していないことだが(ゴダールなど男の監督のものは物語を意識しすぎるあまり、生身の人間とは無関係な中身のない浮遊感になりがち)、蜷川は沢尻という自身の鏡像を得て、傑出した成果を上げている。
    ラストの香港のシーンが暗示していると勝手に期待しているが、当然シリーズ化すべき作品である。女の深き欲望は神の声であり、ジュリアン・ジェインズのいう二分心を持っているであろうリリコが、その声に従い、地球上の様々な場所で、自分の(神の)世界を作り上げては壊していく姿を見続けたい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2012/7/17

    良く分かりませんでした。「しっちゃかめっちゃか」という意味でしょうか。でもそれでは、タイトルにならないし・・・。
    まずは、沢尻エリカさん、いやエリカ様か、の復帰おめでとうございます。ただ、この人は、どちらかと言うと、『クローズド・ノート』や『手紙』、『シュガー&スパイス 風味絶佳』のような静かな演技が好きでしたね。あと「関西弁」。ちょっと雰囲気が違うエリカ様です。あと、こういう話は顔が崩れていくとか、ちょっとホラーっぽい展開が想像できるんだけど、それはなし。あくまで斑点では、ちょっとね。まあ本人に対する恐怖は同じでしょうけど。あと幻想の蝶が美しいですね。これは映像の勝ちです。
    BGMにクラシックを使ったのは、まあありがちなことではあるけど、普段クラシックを聞かない人にどういう印象だったか聞きたいですね。私は年に50回以上はクラシックのコンサートに行っているので、「新鮮さ」には欠けておりました。
    そしてエリカ様、そのもの。ううん、お人形みたいでキレイだったけど。でも女性って残酷ですよね。原作が女性で監督も女性だとこうなるんでしょうか。うぶな男子には見せたくないですね(笑)。

    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    1.0
    2012/7/15

    お騒がせ女優?になってしまった感の有る沢尻エリカだが、美女だし、演技力も有る若手として個人的に評価している。

    そんな彼女が裸やセックスシーンでのみ話題になるのは、実に嫌。女優として本来有るべき姿に早く戻って欲しいと、真剣に思います。

    原作は未読。映画としては全く面白くないとしか言い様が無い。さすがに映像的には監督が写真家上がりなので、観るべき物は有る。でも本当にそれだけ。

    鈴木清順の映画を観た様な感想です。彼の映画も、映画として全く面白くない。

    この原作の何処を面白いと思って映画化したのか?が全く分からない。原作もこんなにツマラナイのか?

    ただ単に沢尻の着せ替え人形の様な衣装替えのシーンと、彼女が泣き叫ぶシーンが交互に繰り返されただけ!と言う印象。

    原田美枝子とか寺島しのぶと言った面々が、よくもまあこんな内容の映画に出演したもんだとビックリ。脚本を読んでから出した結論なのかな~?

    沢尻の裸や乳首が見たくて仕方がない!と言う人以外は、レンタルでも観ない方が、精神衛生上も財布にも優しい結果となるでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告