牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.7> 19話~21話|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.7> 19話~21話

牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.7> 19話~21話

2012年2月4日公開,74分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

特撮ドラマ『牙狼-GARO-』第2期を放送に先駆け、3話ずつ映画館で先行上映するシリーズ第1弾。人間の邪心に憑依する魔獣ホラーとの闘いを描く。原作・総監督は、「呀<KIBA> 暗黒騎士鎧伝」の雨宮慶太。出演は、「牙狼-GARO- ~RED REQUIEM~」の小西遼生、「おのぼり物語」の肘井美佳。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「第19話 楽園」鋼牙の前に再び姿を現したレオは、これまでの経緯、自身の過去を語り始める。厳しい父・ゴウキ(伴大介)の元で修行を積んだこと、いつも傍にいてくれた女性・ミオ(吉野紗香)との悲しく儚い思い出を。全ての真相をレオが明かし、討つべき敵を再確認する鋼牙と零。その時、遂に赤い仮面の男が真の目的に向かって活動を開始、全ての魔戒騎士に宛てた戦線布告をする。それは、まさしく死の宣告であった。「第20話 列車」全ての魔戒騎士に対し宣戦布告を行った赤い仮面の男は、解我生来の月を利用しての儀式を企てていた。真魔界へ向かうべく、魔導列車を発進させる赤い仮面の男。その頃、多くの魔戒騎士が元老院へ集結していた。赤い仮面の男の言葉に動揺を隠せない騎士たちは論議を重ねる。その中の1人・多賀城信義(田中要次)もまた、家族を思い心が揺らいでいた。賛同する者としない者に分裂する騎士たち。一触即発のその時、鋼牙が元老院に現れ、ガロの称号を持つ者として騎士たちの不安を取り除こうとする。だが、破滅の刻印が発動し、魔戒騎士たちに生命の危機が訪れる。「第21話 牙城」遂に赤い仮面の男は破滅の刻印を発動させ、全ての魔戒騎士の生命を脅かす。しかし、ガジャリと契約を交わした鋼牙の活躍によって、その野望は潰えたかに見えた。だが、赤い仮面の男の真の目的はイデアの建造にあったのだ。捕えられてしまった鋼牙に新たなる危機が迫る。一方、零、レオ、ワタルは、魔導列車の墜落した場所に辿り着き、イデア建造を阻止すべく戦いを挑む。苦戦する3人の前に現れた烈花は、イデアの中に鋼牙の姿を見つけるが…。

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本
配給
東北新社
上映時間
74分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?