ライク・サムワン・イン・ラブ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ライク・サムワン・イン・ラブ

ライク・サムワン・イン・ラブ

2012年9月15日公開,109分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

イランの巨匠、アッバス・キアロスタミが自身以外すべて日本人スタッフ&キャストで撮り上げたラブストーリー。元大学教授の男とエスコートガールとの関係が描かれる。ヒロイン役を新鋭・高梨臨が演じ、存在感を見せつける。カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にも出品され、大きな話題を呼んだ。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ライク・サムワン・イン・ラブ

予告編

2012/9/10(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

80歳を超え、現役を引退した元大学教授のタカシは、亡き妻に似た女性・明子をデートクラブを通して家に呼ぶ。早速、料理でもてなすが、明子の心は上の空だった。というのも、自分に会うために田舎から出てきた祖母と会えず、駅に置き去りにしてしまっていたのだ。翌朝、タカシは明子が通う大学まで送るが、彼の前に明子の婚約者ノリアキが現れる。

作品データ

原題
Like Someone in Love
製作年
2012年
製作国
日本 フランス
配給
ユーロスペース
上映時間
109分
製作会社
ユーロスペース=mk2

[c]mk2/eurospace [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?