パシフィック・リム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パシフィック・リム

2013年8月9日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロが、巨大生命体と巨大ロボットの戦いを描くSFアクション。深海から出現した巨大生命体に対抗するべく開発された巨大ロボット“イェーガー”のデザインは、日本のロボットアニメを彷彿させる。“イェーガー”のパイロット役で菊地凜子が出演するほか、芦田愛菜がハリウッドデビュー。

予告編・関連動画

パシフィック・リム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

13年に突如、太平洋の深海から巨大生命体が出現し、世界中の大都市は次々と破壊され、人類は絶滅の危機にさらされる。そこで人類は巨大生命体と戦うために英知を結集し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発。一時は巨大生命体の侵攻を食い止める事に成功するが、再び彼らの猛威にさらされる事に。

作品データ

原題
Pacific Rim
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
130分

[c]2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LCC [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ryookie

    4.9
    2020/4/6

    ついに念願の映画館で鑑賞。
    新型コロナによる緊急事態宣言発令前日と言う微妙なタイミングとなったが、カイジューの出現で世界が一つになるストーリーはなんだか現在の状況と似ているようで、改めてウィルスに打ち勝って行こうと思ったりして…
    いずれにせよ心踊る名シーンの連続に大満足でした、ありがとうデルトロ!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    にくきゅう

    5.0
    2019/4/24

    マイベストムービー

    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2018/5/21

    映画自体は全く共感できない。
    ヴァーホーベンの「スターシップ・トゥルーパーズ」と似た題材である。日本で言えば、マジンガーZよりエヴァンゲリオンに近いのではないか。
    TV視聴により、オリジナルより40分!カットのため、映画に共感できないのも仕方ない。主要キャラの司令官と、中心となるイェーガー・ジプシーのパイロットの2人の男女より、数学者と怪獣学者、それに香港の怪獣密売ボスの3人が良かった。ほぼコント。味があって、ハリウッドとは思えない。ヨーロッパ映画に登場しそうな3人にほっこり。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ごっち

    4.0
    2013/9/21

    いや~、すごい迫力だった
    さすがハリウッド
    まさか巨大ロボ対怪獣の戦いをこんな形でやってくれるとは
    ツッコミどころは山ほどあるし、ストーリーも強引だけど全部許せる、、、それくらい戦いの場面の迫力はすごい

    怪獣映画が好きな人
    ロボットアニメが好きな人は
    観て損はない

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2013/9/18

    諸兄の言われる通り単純明快なストーリーで、何の予備知識も不要。
    聞こえてくる英語の中で「カイジュウ」という名前にはびっくり。初期のウルトラマンの頃の怪獣達と比べるとスマートではあるんだけれど、怪獣と言うより欧米でいうところのドラゴンに近いんじゃないかという気がする(日本画に描かれる竜ではない)。
    そのカイジュウのシーンではやたらと目が疲れる。日本の怪獣映画のカメラワークの方が余程観客に親切に思う。

    通常とは逆で幼少期のマコの方が成人のマコよりも段違いに演技巧者なことが一番印象に残ったかも。

    違反報告
  • rikoriko2255

    矢口渡

    5.0
    2013/9/16

    よくまあ、大人が真面目にこんな面白い映画を作ったものだ。要は、マジンガーZとゴジラの戦いだが、息もつかせずストーリーに引き込まれる。ロボットのデザイン。技の数々。(わざわざ、技の名前を教えてくれるところも素敵)司令部やイェーガーの設備、操作パネルやスイッチ、怪獣の名前とカタチ。ついつい映画館の座席で、イェーガーにドリフトして、戦いに参加していたようだ。観終わったあと、心地良い疲労感。ただのCGだけでなく着ぐるみぽい手づくり観もはまる要因。ぜひ、大人のために、シリーズ化を期待したい。
    ロボットや怪獣だけでなく、ストーリーも日本の任侠映画の様式美を追求か。デルトロ監督いいねえ。
    正直な話、バベルの時から菊池凛子は、好きではないが外国人には、受けがいいのだろうか。外国の人からみると、芦田愛菜ちゃん同様、日本人顔なんだろうな。筋肉をつけて、頑張ってはいるけど。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2013/8/26

    普段なら、見るジャンルじゃないのですが、雨のレッドカーペットで早々に舞台挨拶に連れ去られながら、「戻って来るから~メキシカンプロミス~」と良く解らない約束をして本当に戻って来て、残っていたファンに濃厚ファンサービスをしてくれた監督に、「絶対劇場に見に行きます!」と約束したので、やっと観に行ってきました。
    で、うん。面白かった。
    トトロ監督は究極のオタクなので、怪獣映画が撮りたかったんです。なので、それを撮る理由の後付けとして環境破壊大気汚染が招いた・・ってのをtinyに挿入してきてます。
    それはさておき、怪獣、ロボットオタクな監督ですから、メカへのこだわりとか、怪獣のdetailには凝ってます。
    なんせ、ウルトラマンのマイナー怪獣人形をプレゼントされて、その場で「○○~」と怪獣名が出てくるような方ですから。
    彼の趣味とお遊びに一緒にはしゃげたら楽しいはず。

    で、Max Martini演じるハーク・ハンセンにちょっと泣かされます。
    良い人だな~格好良いな~

    対局な二人の博士のキャラも良いです。博士って、本当に、解明したい・・って欲求の為なら自己犠牲を厭わない感じですよね。ある意味格好良いけど、方向間違ったら怖い存在。

    そう言えば、菊地凛子さんもレッドカーペットに戻って来てファンサービスしてくれました。
    彼女は日本の女優じゃなくて、ハリウッドスターですね。サービスの仕方が。ちょっと見直しました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2013/8/15

    やりました!ギレルモ監督、ありがとう!
    ミミック、ブレイド、ヘルボーイ、スプライス、ホビット、そしてパシフィック・リム。SF映画の守護神。
    KAIJU=怪獣はゴジラやガメラやウルトラのシリーズからエキス抽出。デカい、厳つい、強い、高能力で狙いはストレートに“人類殲滅”。陸海空を跋扈し、劇酸放射や電磁波放射の飛び道具まで備えているし、様々なタイプに進化して出てくるのが全て同DNAで製造されたクローン体。脳シンクロで戦闘経験を共有・学習し急速に攻撃力を進化させる。スターシップ・トゥルーパーズのバグズ並み。奴ら只者じゃない。人類崖っぷち!
    イェーガー=巨大戦闘ロボットはマジンガーZ、パトレイバー、ライディーン、ガンダム、エヴァの生体シンクロコントロール、バトルシップ異星人母船やトランスフォーマーの動く巨大金属機械感、巨大ヒーロー感満タン!しかもパイロット2名の脳内シンクロ=ドリフトでコントロールされるから気合い万倍!飛び道具は少な目、ガチンコ肉弾戦中心で観客はアドレナリン爆出!
    異星人が怪獣を送り込んでくる方法が人工?ワームホールと言うところはスターゲイト。しかも、怪獣DNAフィルター付きで人類製品での逆行逆襲不可という意地悪。
    最後は、怪獣の死体抱えて瀕死?のロボット本体ごと敵陣本部に飛び込んで動力原子炉自爆。それこそスターゲイト、ID4、オブリビオン等々でお馴染みのアメリカンなアトミック一発大逆転。もちろんパイロットのヒロイン&ヒーローは間際に脱出できてハッピーエンド!
    一話完結の潔さで爽快感倍増!怪獣vsロボット巨大バトルアクションのSF満漢全席状態で満腹満足!アップとスローの多用で迫力重厚感最高。これで、映像的に“昼間のバトル引き撮り”が沢山見られれば嬉し泣きしたかも!?
    ゴジラ、大魔神、ガメラ、鉄人28号、鉄腕アトムとSF育ちの自分でも、観ながら汗をかいた納得の大傑作です。男達よ、この映画を観て、血沸き肉躍る興奮と快感を再び手に入れよう!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    taka_dds

    4.0
    2013/8/13

    怪獣vsロボットと言う分かりやすい構図を売りにした映画なんですが・・・

    結局最後は「核」で何とかしようとする相変わらずなアメリカンムービー思考はなんとかならなかったのかwww

    アメリカの人にしたらやっぱり核の力は偉大であり、困った時には核ってのは分からないではないですが、敢えて挑戦した怪獣映画というジャンルにおいても、結局最後は核爆弾(今作はそれも失敗して核自爆だけど)。

    そしてアメリカンムービーお約束の「偉い人自己犠牲」。どう考えてもあの司令官死ぬやろwwwって思ってたらやっぱり死んだwwwwwって感じでもうお約束満載過ぎて満腹でしたわ。

    怪獣をリスペクトするのはするでいいと思うけど、するなら核の部分を削除してほしい。
    別に核じゃなくてもいいんじゃないかな。
    未知のパワーでも構わない。怪獣自体未知の力なわけなんだし。

    極論すれば「めっちゃ殴る」でもええと思うんだ。
    途中でエルボーロケット出てきたときはカッコいいと思ったもん。

    あと、ロボット映画としては、主人公機だけ核で動いているとかどう考えても最後アレなんじゃないかって思ってたらやっぱりwwwもぉwwwww

    いやぁ、面白かったん?って聞かれたら、面白かったと答えたい。

    でも、核だけはそろそろ卒業してほしいと思うんだよなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2013/8/9

    凄まじい迫力の映像で
    パワフル感がみなぎってます。
    怪獣とイェーガーの闘いはものすごくシンプルな
    力と力の勝負になっていて
    小細工なしのガチンコ感がたまりません。
    怪獣VSロボットってことで、
    どこか懐かしい感じのする映画であり、
    変にややこしいストーリー展開にもしていないところが
    この映画の良さだと思います。
    そうそう、菊池凜子もいい感じに仕上がってました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    -
    2013/8/3

    監督から日本へのloveletterだそうです。
    えーっと、要りません。

    試写鑑賞だが、時間の無駄に値。
    舞台挨拶もないのに不要なセキュリティチェック。(観客皆、思う)自分がしっかりチェックしなかったのが運の尽き。日本語吹き替え行ってしまったよ。がっくり…上映開始して気づくなんて、爪が甘い!激しく後悔。

    それだけこの映画の見るメリットがない。
    収益回収できるのでしょうか?
    芦田愛菜、十八番演技出ました!出番も少ないし、第一セリフがない。これでハリウッドデビューなら多くの業界人はデビューしているんでは?
    主役級に菊池凜子。一生懸命トレーニングしたのでしょう。ハリウッドで脇役より主役級にcastingされるなら内容は厭わないんですかね。アジア人は難しいと痛感。
    トレーニングでの武術試合くらいかな、見物は。吹き替えだったんで彼女の表現力も完全に汲めず。それが実にもったいなかったな。
    「kaiju」の出現も年数経過から辿れば(芦田愛菜から菊池凜子まで月日のカウント)舞台は荒地でもおかしくないのに、ようやく都市破壊ってどういうstory?
    マニアというか、監督の趣味だけを切りっぱなして撮ってしまった久々のrabbish movie…

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/7/31

    エイリアンやロボット..........であまり期待してなかったんだけど、なかなか面白かった。
    音も結構響いて映像も迫力ありました。

    愛菜ちゃんの出番は予告で観ただけのちょこっとだけだと思ってたのに、結構重要な役で長く演技してました。
    ハリウッドデビューやったねって感じでしたよ(^^)v
    菊地凛子の役も重要で、今回は出番が多かった。

    データオタクと実験オタクのコンビが面白くて、大活躍してましたね。
    結構観入ってハラハラドキドキものでした。

    違反報告