未知との遭遇 ファイナル・カット版|MOVIE WALKER PRESS
MENU
未知との遭遇 ファイナル・カット版
未知との遭遇 ファイナル・カット版

未知との遭遇 ファイナル・カット版

2002年公開,138分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

地球人と異星人との接触を感動的に描き世界的な大ヒットを記録した作品を、製作25周年を記念して、監督のスティーブン・スピルバーグ自身が再々編集し直した傑作SFファンタジー巨編。1977年のオリジナル版をベースに、1980年の「特別編」で加えられたゴビ砂漠のシーンなどを加え再編集している。「特別編」の目玉であったマザーシップ内部のシーンは今回は省かれている。監督・脚本は「マイノリティ・リポート」のスティーブン・スピルバーグ。出演は「クライム&ダイヤモンド」のリチャード・ドレイファス、「リュミエールの子供たち」のフランソワ・トリュフォー、「ミスター・マム」のテリー・ガー、「マグノリア」のメリンダ・ディロンほか。ビデオグラムでのみリリースされた。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

砂漠。砂塵の中に第二次世界大戦に使われたらしい戦闘機の姿がみえる。それは、真新しく、20数年前の消失当時と同じ姿だ。調査団一行のリーダー、ラコーム(フランソワーズ・トリュフォー)により、発見の様子は語られる。又、インディアナポリスの交信コントロール・センターのスクリーンに未確認飛行物体の姿が写し出され、TWA機より、不思議な物体を見たという連絡が入る。同じ頃、インディアナ州のある人里離れた一軒家に奇妙な事が起こる。バリー(ケイリー・グッフィ)という少年が、周囲の物が震動するので目をさまし、何物かに引かれるように家をとびだしていったのだ。母親ジリアン(メリンダ・ディロン)は、彼のあとを追う。そして、一方、同じ町に住む電気技師ロイ(リチャード・ドレイファス)は、この一帯の停電を調べるため車を走らせていた。そこへ恐ろしい光が……。ロイは、この光を追い、バリーやジリアンに出会う。そしてUFOらしき光が空を横切った。やがて、ロイは怪光にに夢中となり、会社もクビとなり、妻ロニー(テリー・ガー)と子供達にまで逃げられる。またラコーム達は、UFOとのコミュニケーションの可能性を見い出す。ジリアンは失踪したバリーをさがし、一方ロイはこの異常なミステリーの原因を解こうとした。そして、ロイのイメージは『山』にひっかかり、その山の模型を作るようになる。ジリアンも自らのイメージの山の絵を描き、それは、ワイオミング州にあるデビルズ・タワーであることがはっきりした。そして今、その山は、毒ガス発生のため付近の住民に避難命令が下されていたのだ。そしてその山こそは、今までこの怪事件に出会った人々のイメージの中の山だった。そう、これこそがUFO、つまり異星人との接触が予定されていた地点なのだ。政府はこれを隠そうとしている。この出来事をひろめてはならない。だが、ロイとジリアンは追手をふりきり、ついに、このデビルズ・タワーに登る。そして、そこで見たものは。そして、ここで彼らが経験したものは、今まで人類が誰一人として経験したことのないことであった--大きなUFOの母船(マザー・シップ)が降りてくる。その輝くばかりの船体。そして、今まで行方不明であった人々がその中より降りてくる。あの戦闘機の乗員が、あのバリーが降りてくる。やがて、ぼんやりとした中から、手の長い異星人が降りてくる。そして異星人は、今しずかに人類に向かってほほえみかける。人類史上初の異星人との触合、この一瞬に人々はたちつくす。やがて、ロイも含めた地球人の代表団は、母船に乗りこむ。彼ら異星人の星へ行くために。間もなく、ひかりかがやく母船は静かに上昇していく。そして今、人類は新たなる世紀の時へ歩もうとしているのだった…。

作品データ

原題
Close Encounters of the Third Kind: Director's Cut Edition
映倫区分
G
製作年
2002年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
138分

[c]キネマ旬報社

  • 杉ちゃん
    杉ちゃん
    5.0
    2019/4/6

     久しぶりに名作「未知との遭遇」を「午前十時の映画祭10ファイナル」のオープニング上映にて映画館の大画面で鑑賞しました。

     初公開の「未知との遭遇」を観たのは、今から50年前で、鑑賞した新宿プラザ劇場の前では、あのマザーシップとの会話音が繰り返し流れていたことを今でも鮮明に覚えています。

     その後、マザーシップの内部などを追加した「特別編」も公開されましたが、結局、はじめのバージョンと特別版の良いとこどりをしたのが、このファイナル・カット版で個人的には一番好きです。

     今回、映画館で鑑賞してあらためて感じたのは、この宇宙に科学の進んだ別の生命体がいたら・・・という永遠のテーマであり、永遠の謎を上映時間の2時間18分、リアルに体感させてくれることです。

     初公開当時の1977年(日本公開は1978年)は、まだ、この映画のような「謎」が世界で起こっていると、よくテレビや雑誌で取り上げられていました。(最近は全く聞かなくなりました・・・)

     そんな「古き良き時代」も思い出し、別の意味で胸が熱くなり・・・

     最近のCGコテコテのSF映画に見慣れている若い人たちには「地味」とか、「宇宙人出てこないの?」とか物足りなさを感じる方もいると思います。しかし、私にとっては、何度観ても興奮させてくれる「SF映画の金字塔」的映画です。

    違反報告