ライジング・サン 裏切りの代償|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ライジング・サン 裏切りの代償

2012年5月19日公開,90分
  • 上映館を探す

プロレスの世界ヘビー級王者として人気を誇ったデビッド・バウティスタ(「奪還」)主演で贈るクライム・アクション。違法カジノの用心棒を務める元刑事が、強盗の濡れ衣を晴らすために、真犯人を追う。共演は「アドレナリン」のエイミー・スマート、「ブレイド3」のドミニク・パーセル、「マチェーテ」のダニー・トレホ。

予告編・関連動画

ライジング・サン 裏切りの代償

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

刑務所から出所して間もない元刑事のレイ(デビッド・バウティスタ)は、違法カジノを経営するストリップクラブ“House of the Rising Sun”のオーナー、ヴィニー(ライル・カノーゼ)に雇われ、用心棒として働いていた。ある日、クラブが強盗に襲われ、警察の介入を避けようとしたレイは無駄な騒ぎを起こさないように、犯人の指示に従う。ところが、ヴィニーの息子が殺され、30万ドルもの大金が盗まれてしまったことで、ヴィニーの右腕トニー(ドミニク・パーセル)から、共犯の容疑をかけられる。ヴィニーから、犯人を生きたまま連れてくるよう命じられるレイ。濡れ衣を晴らさなければ、刑務所に戻るか殺されるかしかなくなったレイは、警察時代の同僚で悪徳刑事のジミーに無理やり協力を求め、強盗犯を追う。やがて突き止めたその正体は、レイが刑事時代に逮捕した者たちだった。証言を得るために強盗犯の1人の元を訪れるレイ。その口から、クラブ内に強盗の手引きをした人間がいることが明かされるが、その正体を証言できる他の3人は、金の受け渡しの際に殺されていた。生き残ったその1人も、レイに抵抗して命を落としてしまう。警察から追われ、身の潔白を証明する者もなくなり、窮地に立たされたったレイは、ジェニー(エイミー・スマート)の協力のもと、事件の黒幕を見つけ出すが……。

作品データ

原題
HOUSE OF THE RISING SUN
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
エプコット
上映時間
90分

[C]2011 Son of House Limited. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?