プンサンケ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プンサンケ

2012年8月18日公開,121分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

朝鮮半島を南北に分断する軍事境界線を行き来して物資を運ぶ男の姿を通じ、南北朝鮮の間に横たわる問題を炙り出す。製作と脚本を担当するのは「悲夢」のキム・ギドク。監督はギドク作品で助監督経験のある「ビューティフル」のチョン・ジェホン。出演は「もう少しだけ近くに」のユン・ゲサン、「美人図」のキム・ギュリ。

予告編・関連動画

プンサンケ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

正体不明のその男(ユン・ゲサン)は、北緯38度にある朝鮮半島の軍事境界線を飛び越えてソウルとピョンヤンを行き来し、あらゆるものを3時間以内に配達する。荷物は、離散家族の最後の手紙やビデオメッセージ。北朝鮮製の煙草“豊山犬”を吸うことから、その男は“プンサンケ”と呼ばれていた。ある時、韓国に亡命した北朝鮮元高官の恋人イノク(キム・ギュリ)をソウルに連れてくるという依頼が舞い込む。いつものように北朝鮮に潜入したプンサンケは、無言のままイノクを連れ出すと、38度線へ向かう。凍てつく寒さに耐えながら、裸で川を渡り、体に泥を塗って身を隠す2人。幾度も命の危険にさらされるうち、互いに言葉にならない感情を抱くようになっていた。しかし、無事イノクを引き渡したプンサンケは、依頼者の裏切りによって拘束されてしまう。彼らの正体は韓国の情報員だった。“おまえは北と南、どっちの犬だ”。卑劣な拷問にも決して口を割らないプンサンケに、韓国情報員はある危険な提案をする。それは、北朝鮮に捕らえられた情報員の1人を救出する代わりに、イノクと共に国外脱出のチャンスを与えるというものだった。そんな中、亡命した元高官を暗殺するため、ソウルにいた北朝鮮工作員が介入。イノクに危険が迫る。北と南の思惑に利用され全ての道が閉ざされたプンサンケは、ある決意を秘め、韓国情報員と北朝鮮工作員を一人また一人と密室に閉じ込めてゆく。密室で対峙する北と南。そこに投げ込まれた拳銃。欲望、偽善、不信、憎しみが絡み合い、予測不可能な衝撃の展開が幕を開ける……。

作品データ

原題
풍산개
映倫区分
R15+
製作年
2011年
製作国
韓国
配給
太秦(提供 マクザム=パルコ=太秦=アジア映画)
上映時間
121分

[c]2011 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?