テイク・ディス・ワルツ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
テイク・ディス・ワルツ

テイク・ディス・ワルツ

2012年8月11日公開,116分
R15+
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

女優サラ・ポーリーが『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』に次いで手がけた長編監督第2作は、結婚5年目を迎えたとある夫婦に訪れる変化を描くラブストーリー。『マリリン 7日間の恋』でアカデミー賞主演女優賞候補にもなったミシェル・ウィリアムズと、『50/50 フィフティ・フィフティ』のセス・ローゲンが夫婦に扮する。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

テイク・ディス・ワルツ

予告編

2012/6/11(月)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

結婚して5年目の夫婦、マーゴとルー。2人の間に子供はいないが、いつまでも仲むつまじく、恋人のように暮らしていた。仕事でとある島を訪れたマーゴは、そこでダニエルという青年と出会い、ひかれていく。さらに、偶然にも彼が自分たちの家の近くに住んでいる事を知り、激しく動揺するように。

作品データ

原題
Take This Waltz
映倫区分
R15+
製作年
2011年
製作国
カナダ
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
116分
製作会社
Joe's Daughter

[C]2011 Joe’s Daughter Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?