モネ・ゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

モネ・ゲーム

2013年5月17日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

コリン・ファースとキャメロン・ディアスが凸凹コンビのサギ師に扮するコメディ。名画を使ったサギを計画するも、美人で天然な相棒のせいで計画が危うくとん挫してしまいそうになる顛末がコミカルに描かれる。キャメロンが憎めない天然女をキュートに演じる。ジョエル&イーサンのコーエン兄弟が脚本を担当。

予告編・関連動画

モネ・ゲーム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

英国の美術学芸員のハリーは、モネの名画「積みわら」を使って大がかりな贋作サギを計画。早速、億万長者のメディア王をカモにしようとするが、名画の持ち主を演じる相棒PJの天然すぎる性格がアダに。完璧だったはずのハリーの計画は次々に変更を余儀なくされ、あろう事か、贋作の鑑定を第三者に奪われるピンチに陥ってしまう。

作品データ

原題
GAMBIT
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
90分

[c]2012 Gambit Pictures Limited [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2014/5/5

    コンパクトに収まって小気味いいテンポで
    笑えるシーンもあちこちにあって楽しい映画でした。
    日本人グループの扱いも
    まああれぐらいは許容範囲じゃないでしょうか。
    コリン・ファースはいい味出してたけど
    キャメロン・ディアスは
    もうちょっとキャメロンらしいところを見せてほしかった。
    90分で観られる作品ってことで
    まあ及第点ってとこじゃないでしょうか。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2013/11/19

    キャメロン・ディアスがこのヒロインには、ちょっと歳をとりすぎてるのかもね。
    アラン・リックマンが裸までさらす意味はどこにあったのだろう?

    日本人ビジネスマンはなんか軽い感じ!!
    でも最後のどんでん返しのキーワードだったんだね。

    Mr.ビーンのようなギャグセンス!?
    ゆえにちょっと盛り上がりに欠ける。
    深夜に地上波で放映されてたら、ま、こんなもんかって楽しめたかも。

    違反報告
  • rikoriko2255

    potewoods

    3.0
    2013/5/29

    なかなか面白かったです。
    ちょっと期待していたイメージとは違ったけど。
    あとから思い返すと割と王道、というか定番のギャグ、コメディ。
    個人的にはコリンファースの好感度が上がった。英国王のスピーチぐらいでしか知らなかったので。あのカチッとした真面目そうなアゴ、英国紳士的な口もとを崩さないまま、間抜けでミジメな「出来ない男」を「演じた」本作はコリンファースにとてもよく似合っていた。
    おバカで品のない、でも快活、前向きでどんな相手でも受け入れるeasyな、これもある種典型的「アメリカ人」を演じたキャメロンディアスも、往年に比べすっかり老けてケバくなっちゃったなあという残念な印象を、逆に真っ向からうまく利用して(か、本人はまだまだいけると思っているかは知らねども)、たくましく演じていたのも、見ていて好感が持てた。
    レビューでみんな言ってる、登場する日本人が確かに見ていて恥ずかしいと思うが、実際の日本人のある種の典型イメージはやっぱりまだあんなもんなんだろうなとは思う。しかし、演出はもしかすると出ていた日本人?もしくは日系?の俳優自身がやったことではないかな?たぶん監督が日本語の演出に対してニュアンスを分かって指示してるとも思えないから、そのへんはある程度お任せなんじゃないかな。しかしまあ、一昔前の、バブル期のようなイメージのままだな。それはておき。
    盛り上がりのバランスが全体的に尻すぼみな感がある気もしたけど(中盤のおふざけが一番ノッていたから)、ドンデン返し的なオチと終わり方は好きで満足です.。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2013/5/27

    結局、関係者全員嘘つきの大泥棒ってな詐欺コメディ。
    “英国王のスピーチ”でオスカーを獲得したコリンさんが真逆の痛快コメディをカマしてくれました。可愛くない顔の真面目な台詞回しに騙されました。最後の最後まで大騙しに気付かず、「格好付けたあげくに作戦は“失敗”したなぁ」と思ってました。
    マジに“ヤラレタ!”唖然。観終わってから笑いが止まりませんでした。
    ピンクパンサーもルパン三世もホームズもコナンもパクりそうな快作です。
    しかし…41歳のキャメロン・デァスさんのセミヌードに驚き。抜群の引き締まったマッスル美ボディーに最敬礼!更に、そう言う方向じゃないはずなのに、結構“露出”が多いのには笑いました…男の、ってことですけど。
    同伴のカミさんお気に入りでした。皆さんにご覧いただきたい楽しい頭脳コメディです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/5/24

    コーエン兄弟というブランドが背中を押した。
    よくよく見れば監督ではないんだな。
    だからか、全体的にコーエンらしさがあまり伝わらない。
    いわゆる他国が見るその国の人、ステレオタイプ。カウボーイハットは必需品のテキサスのカウガール。スーツを上半身だけでも一応着こなす英国人。
    完全にコーエン作品ではないが、主役お二人は今後コーエン兄弟で起用されますかねぇ。
    A.リックマンの役柄、馬鹿さが小気味良い。もっとヌーディストであれば尚宜しい。
    ハリーのラスト、PJへのお返しは粋である。
    コメディはお得意であるC.ディアスだが、C.ファースがイマイチ波に乗れていなかったかな。
    そのため90分で丁度良い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/5/24

    コメディなんですけど、そのコメディ部分を担うのがお約束の スタンリー・トゥッチではなく、コリン・ファースと アラン・リックマン・・って言う所が豪華ですよね。
    しかも体をはって。

    それと、日本人には笑えないシャバンダーの商談相手の日本人グループ。
    この通訳が怪しい。まぁ、名前がチャックって言うんだから、彼は日本人じゃないのか?ハーフかもしれないけど。
    彼の笑顔とジェスチャーと怪しい英語。
    セオリー無視した独自のリズムで流暢な会話なんだけど、英語が苦手な私にも解る珍妙なアクセント。
    頑張って話せば向こうも頑張って聞き取ろうとしてくれるから通じる・・って友人は言ってくれるけど、あんな珍妙に聞こえてたら嫌だぞ。
    更にジェスチャーで通じる・・って言う人も居るけど、相手の笑顔が苦笑いじゃなぁ‥
    でもネタにされるって事は実際にそう見えている・・って事だよね。
    滑稽ではあるけど笑えない。ちょっと得体のしれない物を見るような苦笑。
    日本人の英語はこう見られているんだ‥と激しく凹む。

    ・・なんだけど、もう一組登場する日本人グループ。
    落としておいて持ち上げる・・みたいな感じ。
    どちらにしても日本人、見下そうとしても抜け目なくきりっと静かに裏をかく侮れない民族・・ととらえられているのかな・・?

    キャメロン・ディアスの歌を聞いて、『ベスト・フレンズ・ウェディング』を思い出した。
    音痴に希望を与える歌唱力よね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2013/5/20

    原題は"GAMBIT"でチェスのオープニングの妙手。これから「詐欺」の話だろうと見当が付くらしいが、日本人には無理。よって、この邦題に拍手!
    もっともこの作品『泥棒貴族』(1966年)のリメイクとうたっており、その原題がそもそも"GAMBIT"だったので、そのまま流用となったと思う。
    さて、まずはキャメロン・ディアス。私は、『メリーに首ったけ』(1999年)以来のファンです。長身で美人でコメディエンヌという稀有なキャラクター。
    コリン・ファースは、『英国王のスピーチ』で、アカデミー賞を受賞した名優だが、本来はこういう軽い役柄が持ち味かも。
    アラン・リックマンは良く知らなかったが、往年のダスティ・ホフマンを思わせる役者ぶり。ハリ・ポタで有名。カモ役のシャベンダーという名前は独特だが、『泥棒貴族』で中東の金持ちという設定だった為、そのまま流用。
    さて、この3人の絡みに日本人が乱入してきて、ドタバタ。まあ、同じ日本人としては、ちょっとおふざけ度が過ぎるのだけど、異文化を面白おかしく描くとこうなるのかな。
    キャメロンのテキサス娘だって、現地の人にとっては、どうなのかなと思いますものね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2013/5/17

    無駄なくコンパクトに仕上げられた作品です。
    体力に自信が持てない時には上映時間の長い作品の場合は見るのを諦めてしまうことがありますが、軽めのコメディだし大丈夫! 
    オチというか結末が途中で「ははん」とわかってしまう瞬間がありましたがそれもご愛嬌。
    見終えてゴキゲンな90分でした。元気が足りなくなったらもう一回見に行こうかな。

    違反報告