ディクテーター 身元不明でニューヨーク|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ディクテーター 身元不明でニューヨーク

2012年9月7日公開,83分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

トラブルメーカーとして有名なコメディ俳優サシャ・バロン・コーエンが、とある国の独裁者に扮したコメディ。アメリカで身元不明となった将軍がトラブルに巻き込まれるさまが、放送禁止ギリギリの危なさで描かれる。監督は『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』でもコンビを組んだラリー・チャールズ。

予告編・関連動画

ディクテーター 身元不明でニューヨーク

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ワディヤ共和国の独裁者アラジーン将軍は、国連からお呼びがかかり、ニューヨークのサミットで核開発に関する釈明をすることに。だが、ホテルで何者かに拉致され、自慢のヒゲと権力を失ってしまう。街をさまよっていた彼はゾーイという女性に助けられる。その頃、国連には将軍の側近タミールが用意した替え玉が現れ、衝撃の発言をしていた。

作品データ

原題
The Dictator
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間
83分

[c]2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2012/10/1

    「ボラット」「ブルーノ」では、タネ明かし無しのドッキリカメラのようなゲリラ撮影で、強引に笑いを取ったコーエンが、今回は、隠し撮りの素人イジリをほぼ封印しての正攻法で勝負。

    独裁者が言いそうな事、やりそうな事を思い切り誇張して笑いを取る一方、物語の背景に、(西側諸国が支援する)中東民主化の裏利権や、表向き民主主義なれど、独裁国にひけを取らない二極化社会のアメリカに対するストレートな批判を据えた、風刺たっっぷりのコメディー。

    ただしその風刺は、これまで再三、多くのジャーナリストが報じてきた問題のオウム返しに過ぎず、米国社会の「保守性」に文字通り体当たりして行った「ボラット」と比べると、薄っぺらい印象は否めません。下ネタ多用で無理やり笑いの数を稼いだ趣も、なきにしもあらず。

    単に社会問題に対する知識の多さを自慢するだけで終わるのか?
    (ドキュメンタリ作家ではなく)コメディアンとして、ジャーナリストにはできない風刺で勝負するのか?

    次回作あたりが正念場でしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2012/9/19

    気乗りのしないカミさんと連れ立って観賞。
    お笑い好きのカミさんが終始爆笑。観終わって絶賛!
    滅茶苦茶です。酷いんです。ヤバいんです。支離滅裂、驚天動地、阿鼻叫喚、ハイテンションブラックギャグコメディムービーです。でも、コアでもマニアックでもなくストレートだから余計にキツイ!だから、抜群に面白い!ぐいぐい惹きつけられました。
    “ボラット”や“ブルーノ”のような、おふざけ連発ドッキリの爆笑ドキュメンタリー風ではなく、シナリオストーリー仕立てですが、アドリブ全開!下ネタから社会ネタから政治ネタから宗教ネタから経済ネタから人種ネタから・・・ブラックギャグ満載!独裁者というより精神的独占者ですネ。
    あらゆる世界を騒然とさせて敵に回す魂胆かも?
    こんな奴が居たら嫌だけど、憎み切れない。自分の中の“独裁者願望”が拍手喝采しているのが解ります。
    独りで観ても、複数で観ても、ネタにできる極上絶品作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2012/8/29

    まぁよくここまで笑わせてくれるかとびっくりです。3分に1度は笑える。お下品で何でもあり。
    キム・ジョンイルもオバマ大統領も(許可あり?)冒頭・・・ビン・ラディン(そっくりさん)まで後半画面に登場・・・。(O_o)WAO!!
    民主主義って言いながらトップばかりが得する世界なら、実行力もあって即決できて良い方向にまとめることもできる?こんな独裁者なら魅力的かも。(^^ゞ 
    下ネタも満載。笑い飛ばせるジョーク満載の中、毒ある風刺も効いてて最高!\(^◯^) 
    つまんない毎日だなんて悲観的に考えている人も、この映画を観たら元気になれる。笑って活力をもらえる。
    何も考えず頭をカラッポにして観た方がいいかも。
    呆れる程楽しめる映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告