白雪姫と鏡の女王|MOVIE WALKER PRESS
MENU

白雪姫と鏡の女王

2012年9月14日公開,106分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジュリア・ロバーツが意地悪な継母の女王に扮し、白雪姫とバトルを繰り広げるコミカルなファンタジー。人気歌手フィル・コリンズの娘リリー・コリンズがタフで前向きな白雪姫を演じる。『ザ・セル』の映像派ターセム・シンによる色彩豊かな映像はもちろん、本作が遺作となった石岡瑛子によるアートな衣装にも注目だ。

予告編・関連動画

白雪姫と鏡の女王

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

白雪姫は18歳になる今日まで、継母の女王によって城に閉じ込められていた。王国は彼女のせいで破産寸前だったが、その危機を隣国の王子と結婚することで富も愛も手に入れようとする。だが、王子は白雪姫と恋に落ち、怒った女王は白雪姫を殺害しようとする。森に逃げ込んだ白雪姫は7人の小人のギャング団に仲間入りし、戦い方を学ぶことに。

作品データ

原題
Mirror Mirror
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ(提供 ギャガ=ハピネット)
上映時間
106分

[c]2011 Relativity Media, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    くんくん

    4.0
    2020/5/6

    残虐なことはないだろうと安心して見られました。内容はメルヘンらしくなく作られているメルヘンで女性向けな内容でした。結婚式の様子は面白かったです。
    想定外なことはなく、おとぎ話を安心して見られます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    potewoods

    4.0
    2012/10/8

    白雪姫だし、あのポップでキュートな「女子ウケ」との文字が見えるようなビラを見ていたら、あれ?ターセム・シン監督の作品なんだと気付き、見に行くことにする。

    予想以上に、素直に楽しめました。
    ストーリーは、かなり王道というか、ひっかけやねじれもなく(白雪姫が強く戦う、というのは定番から言えばねじれているけど、それはすでに前提となっているので)、意外なほどディズニー風で、まるくおさまっていました。(ディズニー映画でしょ?といいたくなる、けど、クレジットを見ても全く絡んでなかった、ですよね?)

    見所はもちろん、映像美。 映像、美術、それから、石岡瑛子さんの衣装。 これは是非、映画館で見てください。

    のっけから、びょんびょん跳ねる長足の「巨人」たちの襲撃をみて、「お~、おもしれ~」っとワクワクしました。あの、雪の白地と木立の黒と、巨人の影のコンポジション。

    白雪姫は、最初「これまたブチャイクなっ、すっごいゲジゲジまゆげだな」と思ったのだけど、すぐに、そしてどんどん、かわいく、綺麗に思えてきて、それがまた楽しい。今から思うと、最初のシーンは特段、眉毛をぼうぼうに増やしてたんじゃないか?と思います。もしかすると、シーンを追うごとに、段階的に細かく眉毛を整えていったのかも? つまり一方で、これは眉毛美女の映画として記録されます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2012/10/7

    今年2本目の「白雪姫」
    昔ながらのおとぎ話では今時は受けないのがちょっぴり残念。若さ礼賛は既にその時代を通り過ぎた者にとっては残酷です。でもその残酷さをカモフラージュするため(?)こちらの作品でも白雪姫より数段継母である女王の方が美しく魅力的。
    謎なエンドロールはさておき、「今年の白雪姫勝負」なら軽いコメディタッチに仕上がったこちらに軍配です。

    終映間近と予告されたためか、一日一回のみの上映回のためか、ほぼ満席でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2012/10/2

    改めて石岡瑛子さんのご冥福をお祈りいたします。
    衣装がこれ程までに映像美を際立たせ、ストーリーイメージを豊かに膨らませてくれる作品には、もう出会えないかもしれません。ターセム監督と石岡さんのコンビによる“燦然豪華絢爛さと生命力”を表した究極の映像美は「インモータルズ」で堪能しましたが、本作では女性の憧れと成長+爛熟した中世貴族社会のイメージを存分に味わうことができました。
    ストーリーは名作童話をベースにしたオリジナル物で、コミカルタッチですが予想外の展開だらけです。
    スピード感が有りスタイリッシュ。
    主役はやっぱり鏡の女王=ジュリアさん。年長女性の本心を豪快に情け容赦なく素敵に見せつけてくれます。対する白雪姫=リリーさんは、お洒落で可愛くて格好良く聡明で、キュートな少女から成長した女性までを美しく見せてくれます。もちろん父(フィル・コリンズさん)譲りの歌唱力も堪能できます。リリーさんの顔、姫の少女期では奇抜さを感じますが、成長と共にキュートさを増し、オードリー似の顔立ちから、印象に残る美しさを見せてくれます。姫の衣装も、成長と共に素敵に変化しますが、七変化場面では一時停止させたいぐらいです。
    また、ミニマムアクターの皆さんの演技は、白雪姫にはこれしかないと思わせるほどの絶妙さで、脱帽です。
    「新映像童話:白雪姫」として永久に遺したい絶品映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/9/18

    一番好きなシーンはエンディングの歌とダンスなのよね・・
    後ろで見守っているショーン・ビーンの眼差しが優しくて好きだし、一緒にコーラス入れているのも可愛いし♪
    でも何より、ドレスや雰囲気が本編中の暗いイメージと違って、とても華やかで、素敵♪
    石岡瑛子さんの遺作でもある本作。見所は女性陣のドレスと、男性陣のHalf-nakedness が見所か?
    まぁ、あの王子には少しもときめかないけど。

    やっぱり白雪姫って、女王が全ての女性の気持ちの体現のような気がする。
    美しいが故に、若くて、可愛がられている娘が気に入らない。
    何もしなくても美しい肌。チャーミングな仕草や表情。誰もがちやほやする。
    女王は苦労して手に入れているものを。
    勿論、彼女にも若い時代があって、自分の美しさは永遠・・と思っていたんだよね。
    それって、誰にとっても人事じゃないわよね。
    勿論白雪姫にだって。
    この話はそう言う話なんだ・・って、私も小娘じゃない年になったから解るわ。

    まぁ、私からしたら、あんな若いだけで傲慢でうっとうしい王子より、ショーン・ビーンの王様の方が魅力的に感じるけどね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうしゃ

    3.0
    2012/9/10

    誰もが知っている物語である以上どのような変化、味付けをするのかが肝となりますが、この作品ではコメディを基調とし、王子を狂言回しとしながら、白雪姫と女王が対決していきます。ただコメディである以上、アクションの部分は冗長な感じもし、また「小人」の設定も現代的に引き寄せすぎている感も否めませんでした。それ以外にも突っ込みどころは少なくないのですが、作品としてはコンパクトにまとまっており、ジュリア・ロバーツのキュートな悪役は見所です。また遺作となった石岡瑛子による衣装も見応えがあるものとなっています。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2012/9/8

    現代風おとぎ話!?
    ジュリア・ロバーツが、自分大好きなわがまま女王でとてもコミカルで面白かった。
    リリー・コリンズはあまりの眉毛の太さにびっくりだったけど、最後は不思議とあまり気にならなくなっていた。

    スノーホワイトじゃないけど、こちらの白雪姫も戦ってた~ぁ。
    小人たちもやっぱおっさんでキモかったけど、アニメのようにかわいくはいかないよね(^^ゞ
    白雪姫と小人たちの暮らしぶりが、楽しそうで面白かった。

    監督がインド出身なせいか、最後はインド映画みたいな終わり方でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2012/9/7

    1997年のスノーホワイトは観たのですが(今年のは観ていません)、同じ戦う白雪姫としては、そっちよりこの映画の方がずっと面白かった。故石岡瑛子さんの豪華衣装も素敵ですし、映像も明るくて、おとぎ話の世界にどっぷり付かれるし。何よりストーリーが最高!
    白雪姫のマユゲ濃すぎ!(まるでバブル時代のOL)
    小人の大きさの変化!
    王子の変貌ぶりに仰天!
    女王が鏡に飛び込んだ!(ジュリア・ロバーツ初の悪役とはいえ見事でとっても似合っていた)
    たくましい白雪姫
    いつ出るかと思ったら、ここでリンゴとは(O_o)WAO!!
    ユーモアいっぱい笑える箇所いっぱいで、はらはらワクワクシーンもあって、すっごく面白かった。
    しかも、貧富の差や人の偏見に対しての辛らつなメッセージも込められていたし、卓越した秀作!
    エンディングもまるでボリウッド映画っていう感じも、インド映画「ロボット」大好きな私としては、壷にはまりました。
    白雪姫の童話って、最後女王はどうなったんでしたっけ?王子と結ばれてめでたしだけで、女王がどうなったか記憶にない私。今回の白雪姫は度肝を抜かれた結末でした。白雪姫コワー!
    映画って楽しいね~!とっても楽しい映画でした!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告