アイアンガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アイアンガール

2012年7月21日公開,92分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

特殊強化服を身に纏い、失われた記憶を求めて旅を続ける美少女“アイアンガール”の活躍を描いたSFアクション。出演は「映画版 ふたりエッチ トリプル・ラブ&ラブ・フォーエバー」などで活躍するセクシー女優、明日花キララ、「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」の秋山莉奈、「あしたのジョー」の虎牙光揮。

予告編・関連動画

アイアンガール

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

いつかの時代のどこかの国。花を摘んでいた少女、アンヌ(秋山莉奈)がこの一帯を支配する無法者集団“クレイジードッグス”に襲われる。しかし、そこへ現れた謎の美女が、圧倒的な強さでアンヌを救う。それは、特殊な強化スーツを装着した“アイアンガール”(明日花キララ)だった。アンヌは、記憶を探す旅をしているアイアンガールを、自分が住む村へ案内する。村人たちは、クレイジードッグスの報復に怯えるが、村に伝わる古文書には“鉄の救世主”が危機を救うと記されていた。村の若者たちのリーダー、ケン(城戸裕次)は、アイアンガールと対立するものの、次第にお互いを認め合うようになってゆく。やがて、伝説を信じたケンやワタル(栩原楽人)など若者たちはクレイジードッグスの襲撃に備え、アイアンガールと共に闘う決意を固める。もしや彼女こそ、伝説の救世主ではないのか……?やがて姿を現すクレイジードッグスとそのボス、クレイジー・ジョー(虎牙光揮)。だが、クレイジードッグスのメンバー、ビリー(古原靖久)は、ある秘密を抱えていた。壮絶な戦いの渦中で明らかになる真実とは……?

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
日本
配給
アーク・フィルムズ
上映時間
92分

[c]2012「IRON GIRL」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/7/26

    本作では明日花さんのエロチック系を封印。全身を包むアーマードスーツは露出も多く密着系でボディラインを強調しているため、否応無くお色気が溢れ出てしまいますが、かえってヒロインのクールさと格闘シーンを引き立て、ハイパーヒロインを印象付けています。 マッドマックス的荒廃時代背景のSF仕立て。話の流れはストリートファイター風で判り易く、映像展開に没頭できます。低予算でコンパクトに少現場少人数で構成されていますが、その分ヒロインを中心にじっくり撮っていますので見ごたえもあります。明日花さんも気合のなりきりで、アクション・スタント・特撮も演技も格好良く決まっています。 かぐや姫?セーラームーン?サイヤ人?やはり“月”は女性のパワーの源なのでしょうか? 敵リーダーの同種パワーの謎、倒された敵役の最後、等々当然“次回作”へのお約束のエンディングでした。 ちょいSのハイパーヒロイン、次回も楽しみです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告