コッホ先生と僕らの革命|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コッホ先生と僕らの革命

2012年9月15日公開,114分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

19世紀末、ドイツの名門校に初の英語教師として赴任し、後に“ドイツ・サッカーの父”と呼ばれるようになる実在の人物、コンラート・コッホ。サッカーを通して、子供たちに英語を教えるだけでなく、フェアプレイの精神やチームプレイの大切さを教えた教師と、型破りな授業を通して成長していく子供たちとの絆を描くドラマ。

予告編・関連動画

コッホ先生と僕らの革命

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

反英感情の高まる第一次大戦前のドイツ。とある名門校にドイツ初の英語教師コッホが赴任する。子供たちの英語に対する強い偏見を払拭するため、彼はサッカー用語を通じて英語を教える。子供たちは次第に心を開き、サッカーの虜になるが、規律や慣習のみを信じる教師や親、地元の名士たちは反発し、彼を学校から排除しようとする。

作品データ

原題
DER GANZ GROE TRAUM
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
ドイツ
配給
ギャガ
上映時間
114分

[c]2011 DEUTSCHFILM / CUCKOO CLOCK ENTERTAINMENT / SENATOR FILM PRODUKTION [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2012/10/17

    終映日間近、ぎりぎり間に合っての鑑賞です。

    ドイツはワールドカップでの優勝を経験している位サッカーの強い国ですよね? それなのにたかだか1世紀ちょっと前はサッカーの存在さえ知られていなかったなんてかなりビックリ。

    体格差があれだけあるんだから年齢差もソコソコはあるだろうし、階級差&貧富の差は相当なもの。差別からのいじめが日常化していた教室が、サッカーを始めたことで劇的に変わっていく様子は小気味よいです。
    3年B組金八先生には少々負けるかもしれませんが、生徒側から見た理想の教師像のひとつではないでしょうか?

    「蛍の光」がコッホ先生に歌われさらにエンドロールで流れるので、今更ながらに調べましたが、スコットランド民謡だそうです。宴がお開きになる時に再会を約束して歌われるのだとか。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2012/9/22

    まず個人的な見解だが、現在のドイツ人の多くは流暢に英語を話す。しかし彼らも昔々は英語を話すことはおぼつかなかった。そりゃそうだ。どこでも母国語でない言語を話すとなれば皆そうだ。
    …当時は自国がBESTという風潮が強かった。戦争の時代である。

    規律重視の学校に英国帰りの先生がやって来た。仲間を大切にし、フェアであること。自分の意見も持つという信念。アングロサクソンってそんなでしたっけ?
    (ついつい歴史を振り返る)
    サッカーは心を一つにしなくてはとてもやっていけないのは証明済み。
    クラスでは大分体の大きさが違い、そして貧富もあり、イジメもある。けれどサッカーに初めて触れる少年たちはそれに虜になる。当時の少年たちの苦難やストレスを癒す。
    英語指導よりチームワークの大切さを、サッカーの楽しさを通してコッホ先生は教えた。自分も楽しんでたけどね。(←これが大事なのかも)
    少年たちはまだまだ純粋無垢だ。楽しさに魅かれ、仲間意識も自然に生まれ、精神的にも成長していく。反抗的な者も打ち解ける心の余裕がある。
    そして皆、お肌がピチピチだ(笑)。
    大人の理不尽な抑制と楽しさから学ぶ英語。
    おいおい、今だ日本が英語習得に四苦八苦しているのはドイツと英語が似ているというだけではないんでない?学ぶ時期に楽しさが完全に欠落しています!

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2012/9/19

    何処の国にも、階級差が有った時代が有るのだと思うけど、ヨーロッパの貴族階級の子供たちって絵になるんだよね。
    そして残酷。

    いつだって、何処だって、人と違うことをすれば煙たがられるし、何かを変えようとするには根気と勇気が必要よね。
    お行儀が良く陰湿な子供たちが、変わって行く。それは無秩序に見える。優しくは無い。自分勝手かもしれない。
    でも、教室の中に居る誰もが敵ではなく大切な仲間になっていく。そう言う仲間を持てることって学校で学べる大切な事のひとつだと思うわ。
    今の学校では中々学べないみたいだけど。

    こうやって、理解無い中から1から初めてサッカーの魅力を認めさせ、広めたんだね。ドイツって、サッカー強い国でしょ?
    ドイツの人は頑固・・って作中何度も言われているけど、それは納得できる。あのしつこさで、きっとサッカーにも力を入れたんだね。

    作中に、「蛍の光」の曲のドイツバージョンが流れるの。
    友と過ごした日々を懐かしみ、旅立っていくみたいな歌詞。中々素敵。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告