ロボコップ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロボコップ

2014年3月14日公開,117分
  • 上映館を探す

ポール・バーホーベン監督が手がけ、近未来的なデザインやハードな描写で人気を博したSFアクションが第1作から27年の時を経て復活。一度は殉職するも、最新のロボット技術により“ロボコップ”として新たな生を受けた警官が巨大な陰謀に立ち向かう姿を描く。監督を務めるのはブラジル人のジョゼ・パジーリャ。

予告編・関連動画

ロボコップ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

巨大企業オムニコープ社がロボット・テクノロジーを支配する2028年。デトロイトで愛する家族とともに暮らす勤勉な警官アレックスはある日、勤務中に重傷を負ってしまう。ところが、オムニコープ社の最新ロボット技術によって“ロボコップ”として復活。驚異的な力を身につけるが、予想もしなかった問題に直面する。

作品データ

原題
ROBOCOP
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
117分

[c]2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2015/2/1

    脇を固める俳優の豪華なこと。。。 そういったところからも この映画にかける意気込みが分かりますね。 正直、監督も主演俳優もよく知らない人ですが 全然違和感もなく、27年前の第1作の面白さを 裏切ることもなく、しっかりと作られていましたね。 初期ロボコップ同様にシリーズ化されるのでしょうか・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/4/2

    命を軽視したエゴの塊みたいな人たちだね。 マスコミを使った情報操作の怖さも浮き彫りにしている。 そんな中で、ゲイリー・オールドマン演じるノートン博士の素朴さが光っていたなぁ~ 研究やデータに対する好奇心は抑えられないんだけれど、最後の所医師として人の命を守る・・って部分に対する譲れない物がしっかり有って。そして、助手?のキムさんも良かったわ。 それにしてもリアルで残酷で、息苦しくなった。あの状態になっても生きられる未来って幸せかな・・? 手や足や目を失っても脳に直結して意志通りに日常生活を送れる・・って言う部分は大進歩だろうけど。 取り敢えず、見に来ていた小学生低学年くらいの少年のトラウマにならなきゃ良いけど‥って思うわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2014/3/24

    小学生の頃に「ロボコップを観た」というカミさん同伴で観賞。 あのテーマソングは不滅の証!聴いた途端に体が熱くなりました。30年近くの時を経ていても「ロボコップ」という存在は“カッコイイ”のです。 前シリーズに比べると、リアルと言うか生臭い映像も有りますがスタイリッシュになった感じもします。特にメカニカルな部分は極上です。スピード感やバトルアクションは格段に向上しています。 前シリーズとの大きな違いは、生身の家族が登場(前は追憶どまり)、マーフィーが自我・意識・記憶を持ったままで蘇生(前はマシンとして目覚めて次第に記憶を取り戻していく)という辺りでしょうか? 何にしても“正義のヒーロー健在!”。観なきゃ後悔する快作です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    taka_dds

    2.0
    2014/3/15

    ロボコップはマイベスト作品の1位に登録している自分ですが、リメイクって事で早速見てきました。 全体の流れなどはリメイク前に準拠しているようですが、いろいろ設定を変えているせいで詰めが甘い感が否めない作品でした。 ①世界観 アメリカ以外の地域にED-209と人型ED-208が配備されている世界。 そのくせアメリカでは世論の反対で配備されていない。 んー??こういう状況ってありえるのか? 普通まず自国に配備するよね。 「ありえそうだなー」って思わせないとなんだか入り込めない。 ②敵 原作のクラレンスのような「圧倒的な悪」が不在だ。 警察内の汚職ってのはアメリカでは普通の事なのかもしれないけど、ネタとしては分かりにくくなるだけで微妙だ。 ③ロボのしくみ あの内部構造は子供泣くわ(笑) 見ただけで「あぁこれアカンやつや!」ってなる。 ④中国推し お金出てるんだろうけど、なんでわざわざ中国でテストするとかそういう話を入れるのか。 前作ではデトロイトだけに絞っていたのがわかりやすかった。 ⑤無表情ロボになる経緯 一番不満だったのはこの部分だ。 なんでわざわざ記念式典の直前にデータのインストールをするのか(苦笑) そんなもんもっと前にしとけや!!! 脚本家が無表情ロボになる経緯を必死で考えたんだろうけどどう考えても失敗な展開だ。 元々と違うようにしたかったんだろうけど、ロボコップは「だんだんと人間としての記憶を思い出してゆく」と言う葛藤が醍醐味だったはず。 別に元と一緒でもよかったと思う。 結局社会派サスペンスアクションみたいな感じになってしまい、原作の旨味を生かせていない作品に成り果てていた。 ロボとしての造形は格好良かったけど、ただそれだけしか見どころは無かった。 同じバーホーベン監督作品の「トータル・リコール」のリメイク作品とは対照的に残念なリメイク作品に仕上がっていました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/3/14

    【賛・否両論チェック】 賛:ただアクションが豊富なだけでなく、「科学技術へ依存する社会への警鐘」としても深く考えさせられる。 否:事故後の主人公のシーンがメッチャグロい(脳・顔面・肺・右手のみ)。脳を手術するシーンもある。  アクションはメッチャスゴいです。ロボコップ、強すぎです(笑)。そしてアクションだけではなく、「人間らしさとは?本当の科学技術とは?」といった普遍的なテーマにも、深く切り込んでいく作品です。そういう意味では、お子さんにはちょっと難しいかもしれません。  脳の手術シーンなど、グロいシーンもありますが、本格的サスペンスアクション作品として、是非オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告