藁の楯 わらのたて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

藁の楯 わらのたて

2013年4月26日公開,125分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人気漫画「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズの作者で、作家としても活躍する木内一裕の同名小説を、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也の共演で、鬼才・三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。殺人鬼を殺したら10億円を支払うという新聞広告に殺気立つ人々と、彼を警視庁まで移送する任務を受けたSPの息詰まる攻防戦が描かれる。

予告編・関連動画

藁の楯 わらのたて

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

少女の惨殺事件が発生し、8年前にも殺人事件を起こし、出所したばかりの清丸が指名手配される。3か月後、行方をくらました清丸を殺せば10億円をお礼として支払うという新聞広告が掲載される。身の危険を感じた清丸は福岡県警に自首し、彼の身柄を警視庁まで移送するため、警視庁警備部のSP銘苅と白岩ら精鋭5名が派遣される。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
125分

[c]2013映画「藁の楯」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2013/9/8

    よく出来たプロット。日本映画は、プロットが重要だがハリウッドリメイクもありそう。正義とは何か、を考えさせる映画。松島演じるspの台詞が、一番自分と考えが近い感じがする。また、それぞれ事情があり、普通の人がお金で変わるというのも、役者が自然で、臨場感を増している。 予算を頑張って車の修理代に使いすぎたのか、ところどころ安そうな場面もあるが、いいサスペンスドラマだと思う。 藤原竜也がいいとの評もあろうが、顔がきれい過ぎる気がする。頑張って汚れ役で、芸域を広げたいのだろうけど、ちょっと違和感があるのは私だけ?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    potewoods

    1.0
    2013/5/5

    もともとあんまり見たい気はなかったのだが、友人達との都合上見ることになった。 開始10分くらいまでは、なかなか面白そうかな、と期待したけど、間もなく、ん? となって。30分もすると救いようもなく白けて劇場を出て行きたかった。(一人であれば出てた) まず設定のリアリティがなさ過ぎてちっとも入り込めない。セリフの知的レベルが低すぎて、人物が薄っぺらい。 まず岸谷五朗(もう役名なんてちっとも覚えてません)の部下の刑事(瑛太の弟、らしい)の口の聞き方が悪すぎる、というか、いきがった中学生のヤンキーみたいなレベルで、頭が悪いようにしか見えない。こんな警官ないやろ、と引いてしまう。と思っているうちに瑛太弟以外の人物も喋り出すと、ことごとく幼稚なセリフ&行動動機。まるで質の悪い少年マンガ/アニメと言った青臭い感じで全く気に入らない。そしてまたセリフが、状況の説明、解説セリフで不自然極まりなく、ヒドい。 異常性犯罪者キヨマルに10億の懸賞金がかかると誰も彼もがキヨマルを殺しにくる、とかいう設定も説得力を持った演出がなく、一般の看護婦とか警官まで組織の規範を破ってころしにくるとか、そんなわけないやろ!ということばっかり。こんな簡単に人を殺しにくるような薄っぺらな人間像を描く映画は私は大嫌いだ。異常にぶっとんだフィクションとして説得力を持ってやるならいいけど、このなまじ社会派的なリアリズムを装った?(そんな選択をしたとすら思えない、レベル以前の映画であるが)ような中でやられると不愉快。(いっそ人質の幼子までがキヨマルを狙うくらいのお祭り騒ぎカオスでみんながキヨマルを襲ってきたなら面白かったかもしれないのに。)ヘンに殺害の動機に家族のためとか道徳倫理をとってつけるから薄っぺらくなる。 ついでSPも、こんな簡単にすぐ一般人に拳銃むけるかよ、で、口を開けばじきわめき散らして、ちっとも知的洗練がない。最初から最後まで、SP、脇甘過ぎるやろ! こうして白け続けるなかで、セットだけ大仰に爆発したり人大勢出してパトカー何百並べてヘリ飛ばして、とかされても余計に白けるばかり。大御所俳優の演技がヒートアップすればするほど白ける(見てるこっちが俳優に申し訳なく思うわ)。ハリウッドに対抗?とかの意識も恥ずかしい。カンヌに出品とかいうけど、これで日本の代表のような顔されると困る、やめてくれー。 キヨマルも、異常者としてたいしたことないし、むしろ凡庸な犯罪者。トドメを刺すように最後の方で「母ちゃんへの愛情がこんな凶悪犯にも」みたいな定番はやめてくれー、もういいだろー。ラストのラストも凡庸で最後の最後までノックアウト。と思ったら、エンドロールで氷室京介の歌が更なる追い討ちをかけてきてここではさすがに笑ってしまった。 かくして、カラカラの雑巾を2時間絞り続けさせられたかのように白けに白け尽くしたわけである。 もう三池崇史の作品なんて観ない。みない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2013/5/3

    10億で殺す価値というよりも、守る価値、生かす価値があるのかを観ながらずっと考えていました。 小説が原作ということでアクションには期待していなかったのですが、予想よりはるかに良かったです。 クズ(凶悪犯)の清丸が、見た目と内面のギャップが激しく最も印象に残ります。 人の狂気と理想がぶつかりあっており、いい映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    3.0
    2013/4/19

    ハリウッドアクション並みの迫力ある映像展開に驚き! 豪華キャストもそれぞれ良い味を出していました。大沢たかおさんの自分の過去と向き合い葛藤しながらも任務遂行に邁進する姿も、ちょっと異色な犯人役の藤原竜也さんの表情だけでも惹きつける演技も見事!またショートカットにした松嶋菜々子さんも今までの優しい雰囲気と異なりSPに出演した真木よう子さんみたいにとってもかっこよかったです。 大金ほしさに殺人って・・・。人間って我欲の為にこんなにも変貌するのか?怖すぎる。また、犯人を守る為に車泥棒して拳銃バンバン撃ってどんなに罪を犯しているんだろう?そこまでして守る価値がある人間なのか?という疑問も。正義って何?正しいことは何? それにしても日本では警察側が拳銃を頻繁に打つかなぁ?現実的にはありえーる?とは思えないストーリーですが、迫力ある映像と人間の弱い心を上手に描いている作品。性癖は直らない・人間って簡単に堕落できるけれど、簡単に性格が良い方向に変わることはない悲しい生き物だということも感じました。                                                                          

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2013/4/11

    あんな懸賞をかけられたら、世の中のみんなおかしくなるよね~ぇ。 いったい誰を信じていいのか??? 初めに実行した人、薬でも飲ませて眠らせてからやったら、もっとスムーズにできたでしょうに...................違うか!! でもそんなことしてもお孫さんが戻って来るわけもなく、かえっていとも簡単に死んでもらったら、それで終わりって感じじゃん。 大沢たかおは複雑な心境を上手く演じていましたよ。 それに比べほかの人たちの演技は雑に思ったけど................。 結局、彼が守ったものは何だったのか???

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告