演劇1|MOVIE WALKER PRESS
MENU

演劇1

2012年10月20日公開,172分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

劇作家・演出家の平田オリザと、彼が主催する劇団・青年団のドキュメンタリー。戯曲の執筆、稽古、照明、舞台美術、ワークショップ、劇団運営など青年団のあらゆる活動にカメラを向け、平田の世界を徹底解剖するとともに、演劇とは何か、演じることとは何かを本質的に問う。監督は、「Peace ピース」の想田和弘。

予告編・関連動画

演劇1

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

こまばアゴラ劇場稽古場で『ヤルタ会談』の稽古が始まる。平田オリザは俳優たちの演技に事細かに指示を出し、同じシーンを何度も繰り返す。平田は可児市文化創造センターで教職員対象のワークショップを行い、“エアー長縄飛び”を通じて “イメージの共有”について解説する。こまばアゴラ劇場で『冒険王』の稽古。一見、無秩序な即興演劇のように見えるが、台詞の間合いやスピード、トーンなど、すべて平田の演出によって細かく決められている。稽古の間の15分の休憩中、平田は舞台セットのベッドで仮眠をとり、俳優たちは台詞のタイミングについて議論をしたり、小道具について打ち合わせをしている。稽古が再開し、議論の的になっていた小道具を使ったシーンになる。平田は、役の心情を説明することなく仕草を指示する。“内面を作ってそれを表現する”というスタニスラフスキー流の演技を拒絶する平田らしい演出法である。中高生を対象にした夏休みの演劇ワークショップが行われ、平田は演劇の台本についてレクチャーする。平田は子供たちが稽古している傍らで、新作『サンタクロース会議』の台本を執筆する。印刷された台本を持って稽古場に向かい、『サンタクロース会議』の読み合わせが始まる。平田は演出しながらその場で台詞を書き直し、俳優たちも台本に変更を書き込んでいく。平田は、総合学習の一環で来た高校生のインタビューを受ける。『火宅か修羅か』の稽古。平田のトレードマークでもある“同時多発の会話”の作品である。青年団・アゴラ企画の事務所。俳優とスタッフ合わせて100名近いメンバーを抱えているが、中間管理職を設けず、細々した事項の決済も平田が行っている。『東京ノート』の稽古場で、何度も同じ場面を繰り返させる“千本ノック”が始まる。『火宅か修羅か』公演ツアーのため岡山を訪れる。とある講義で、“ペルソナ”について語る平田。アゴラの稽古場で、この日誕生日を迎える志賀廣太郎のサプライズ・パーティーの準備が進められている。

キャスト

作品データ

製作年
2012年
製作国
日本=アメリカ
配給
東風
上映時間
172分

[c]2012 Laboratory X, Inc. [c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?