漆黒の闇で、パリに踊れ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

漆黒の闇で、パリに踊れ

2012年9月22日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人間の性と暴力の衝動が立ち込める夜のパリを舞台に、罠や裏切りによって窮地に立たされる犯罪取締班の刑事たちの姿を描くフレンチ・フィルム・ノワール。監督は、「唇を閉ざせ」脚本のフィリップ・ルフェーヴル。出演は、「デイズ・オブ・グローリー」のロシュディ・ゼム、「風にそよぐ草」のサラ・フォレスティエ。

予告編・関連動画

漆黒の闇で、パリに踊れ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

犯罪取締班リーダーのシモン・ワイス(ロシュディ・ゼム)はいつもの夜の如く、パリのクラブやディスコ、乱交クラブ、バーを巡回している。ワイスのような刑事は時には見ぬふりをし、欲望に支配された夜から生み出された犯罪者や異常者たちを相手にする。そうしなければ、自分の命を危険にさらすことになるのだ。ある夜、初めて巡回を務めることになった若い女性警察官ローレンス・ディレイ(サラ・フォレスティエ)とともにパリの街を巡回することになるが、その夜は不穏な空気が流れていた。ワイスは、内部調査班の捜査の対象として嫌疑をかけられていることに気づく。また、自分が巨大なギャング組織の罠にはめられている、もしくは長年の付き合いの友人に裏切られているかもしれないことを感じ取る。ワイスとローレンスは、この緊迫した危険な夜を乗り越えることができるだろうか?

作品データ

原題
UNE NUIT
製作年
2012年
製作国
フランス
配給
エプコット
上映時間
100分

[c]Les Films Manuel Munz - Tout sur l’Ecran Cinema - Tf1 Droits Audiovisuels - UGC - France 2 Cinema - Hole in One. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?