ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ア・トライブ・コールド・クエストの旅|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ア・トライブ・コールド・クエストの旅

ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ア・トライブ・コールド・クエストの旅

2012年11月3日公開,97分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1990年にデビューし、ヒップホップの歴史に革新をもたらしたグループの1つ、“ア・トライブ・コールド・クエスト”の歩みを追ったドキュメンタリー。同時期に活躍したグループや彼らの影響を受けたアーティストたちへのインタビューも収録。監督は「最後の恋のはじめ方」などで俳優として活躍するマイケル・ラパポート。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2008年、ヒップホップグループ、“ア・トライブ・コールド・クエスト”通称“ATCQ”の解散から10年を経て行われた再結成ツアーに同行し、一部始終を目にした監督のマイケル・ラパポートは、その様子を包み隠さず作品に取り入れた。それは、本作中に含まれるラパポート自身によるメンバーそれぞれへのインタビューも同様である。それまで政治的、攻撃的だったヒップホップにポジティブなサウンドを持ち込んだ“ネイティブ・タン”と呼ばれる一群に属したATCQ。インタビューの話題は、伝説のグループと呼ばれる彼らがリリースした楽曲群やその功績など、ポジティブな部分だけにとどまらない。広く知られる解散劇を招いたメンバー間の不仲や、メンバーであるファイフ・ドーグの持病など、ネガティブな話題も通じて、ATCQの歴史を掘り下げてゆく。彼らがどのように誕生し、どれだけの影響を与え、どのように解散し、またどのように復縁したのか。メンバー自身だけでなく、彼らと時代を共にしたデ・ラ・ソウルやジャングル・ブラザーズ、彼らの影響を受けたファレルやカニエ・ウエスト、モス・デフ、コモンといったアーティストたちの発言も交えて解き明かす。その多くは、今まで知られることのなかった出来事である。当時の出演番組の映像や“Summer Sonic 2010”で来日した際の様子も収めた再結成後のツアーの様子など、映像の資料価値はもちろん、それらによって構成される本作は、伝説のグループのヒューマンドラマでもある。

作品データ

原題
Beats Rhymes & Life: The Travels Of A Tribe Called Quest
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
トランスフォーマー
上映時間
97分

[c]2011 BEATS RHYMES & FIGHTS PRODUCTIONS LLC [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?