千に一つ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
千に一つ
千に一つ

千に一つ

1920年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

パーカー・リード氏の製作した活劇で、主役はホバート・ボスウォース氏である。対手は新顔のエセル・グレイ・テリー嬢。「一貫せざる劇筋と、暗合とが価値を弱める」とニュース誌は評している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ウィリアム・ニウランズはサンフランシスコの中国街に住んでいる賭博常習者であった。彼が負債の為獄に投ぜられそうな形勢になった時、ハワイから彼の保護の下に来た娘ビートリスが莫大な財産を持っていたので、ニウランズは彼女と結婚することによって負債を払おうとした。新婚旅行の途中ビートリスは彼が獣的な性質を知った。転轍手の誤りから列車は衝突し、ニウランズは惨死したと信じられる。しかし実は命助かった彼は、彼女に今までの行為の償いをするために生まれ変わったような男になった。そして運命の手によってある鉱山技師の妻と誤られたビートリスの幸福を思って素性を隠し、その技師の経営する鉱山に住み込み、只管彼等の幸福を計った。しかし彼の男らしさを見たビートリスは遂に再び彼の腕に帰ったのであった。

作品データ

原題
A Thousand ton One
製作年
1920年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
連合製作社映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?