ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

2013年1月25日公開,126分
  • 上映館を探す

家族が経営する動物園の動物たちを乗せた貨物船が嵐に見舞われ、一命を取り留めるも、救命ボートでトラと共存するはめになった16歳の少年の過酷な運命を描くサバイバル・アドベンチャー。優れた長編小説に与えられる文学賞である、ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの同名作を、名匠アン・リーが初の3D作品として映画化した話題作。

予告編・関連動画

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

16歳の少年パイは家族と、経営する動物園の動物たちと貨物船で航海に出るが、嵐に見舞われ、船は難破してしまう。ただひとり生き残ったパイは悲しみに暮れるが、彼をさらなる悲劇が襲う。命からがら乗った小さな救命ボートにはトラが隠れていたのだ。パイはトラと小さなボートで共存しながら、海の上をさまよう事に。

作品データ

原題
LIFE OF PI
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
126分

[c]2012 Twentieth Century Fox [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.7
  • みるみる

    3
    2015/7/22

    美しい映像でした。ほーっとなります。
    最終的に少年とトラだけになるわけですから、いろんな命が消えてゆきます。その過程は辛いです。
    魚を食すことは日本人は何とも思いませんが、ごめんなさいと叫びながら生きる為の行動をする少年が切ないです。
    トラと気持ちが通じ合ったかに思えたのにやっぱりそうもいかず、な最後はそれでいいのかなと思えます。が、辿り着いた島でトラは生きてゆけるのでしょうか?
    息子に兄の名前を付けた主人公が今は幸せなのがよかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 絶対色気値

    5
    2014/6/14

    アドベンチャーだけではなかった。最後が良い。
    夢の様な冒険譚を話し終えた主人公に、それは本当のことなのかと聞き手が尋ねる。
    そこで、いまより現実的なストーリーをし直す主人公。ファンタジーと血なまぐさい二つのストーリー。「君はどっちのストーリーがいい?」もしかしたら、本当は血なまぐさかったのかもしれない。映画では本当はどっちだったのか答えない。観客はそこで、いま観てる映画の虚構に気付かされる。そもそも映画自体は虚構。観客は虚構を選び、その素晴らしさに気づくのです。その突き放され方がとても映画的で素晴らしく思えるのです。映像もいいが、脚本が素晴らしい。
    最初の宗教の説明は少し長かったが、素晴らしい映画体験でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • たっかん

    4
    2013/12/14

    インド映画か、と思うような出だしだったが、なかなか楽しめる映像と物語であった。
    2Dで観たのだが、「しまった~、3Dで観れば凄かったろうな~」と思うような映像だった。(朝日新聞に沢木耕太郎氏のこの映画の評が掲載されていたが、すぐに劇場に駆けつければ良かった。後悔先に立たず…)

    オープニングのキリン、フラミンゴ、シマウマ等々の動物。当然トラも…
    このオープニングのスタッフ文字が映像に合わせてあるあたりは、作り手のきめ細かさを感じた。

    そして、父親の経営する動物園の破たん、動物を売るために船で移動、嵐で船が危うくなって、パイ・パテルという少年が漂流する。最初は、シマウマとオランウータンとハイエナと。
    ここで「あれっ、トラがいないじゃん」と思っているとしっかり登場する。
    そして、トラとの駆け引き、トビウオの群れ、美しい夜空、無人島、などなど楽しめるエピソードの数々。

    パイの「大事なのは希望を失わないこと」というセリフ、そのとおりに生命を保ったパイ。

    なかなかの力作であった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告