劇場版 ほんとうにあった怖い話プレミアム 呪いの動画|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場版 ほんとうにあった怖い話プレミアム 呪いの動画

2012年10月27日公開,86分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ホラーシリーズ『ほんとうにあった怖い話』映画化第3弾。映画初出演のアイドルグループ・Tokyo Cheer2 Partyが本人役で出演するメンバーが体験したエピソードのほか、視聴者の投稿をもとにした4話を合わせた5話オムニバス。出演は、「うん、何?」の橋爪遼、「時空警察ヴェッカーDNS」の天水朝子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「アイドルの宿命・・・。」アイドルグループ・Tokyo Cheer2 Partyのメンバーがライブのあと、レッスン場に向かっていると、色紙を持って遠くから見つめている男性がいる。ファンだと思い近づこうとすると、いつの間にか姿が見えなくなる。気のせいだと思いレッスン場に入るが、まだ先生が到着していない。そこで自主練を始めたメンバーの背後に……。「謎の霊・・・。」幽霊の存在を信じない友人・聖子を驚かそうと、あたるとあやは心霊写真を合成して作ることに。あたるの家のポストに入っていた謎のVHSに映っていた女性の画像をパソコンに取り込み、3人で撮った写真の聖子の後ろに女性の画像を合成する。しかし、そのあと聖子と連絡が取れなくなり、心霊写真を一緒に作ったあやも音信不通となる……。「だるまさんが転んだ・・・。」中学の同窓会で酔っ払った女子4人組が、昔“だるまさんがころんだ”をして遊んだ倉庫の前を通りかかる。今からやろうと盛り上がった4人は深夜の倉庫に潜り込み、ゲームを始める。しかし、そこにいたのは4人ではなかった……。「俺の家出てってくんねえかなあ・・・。」一人暮らしをするため賃貸物件を探していたマキは、とあるサイトで激安のアパートを見つける。友人の太一と下見に行くが、部屋を出た直後からマキは人の気配を感じていた。翌日、マキは再びアパートに行くが、太一や他の友人と連絡が取れず、1人で向かう。部屋は一見昨日と変わりなく思えたが……。「悪魔の宝刀・・・。」ある旧家の家主が亡くなり、遺品の整理をしていた孫の武士とゆいかは、祖父の不気味な掛け軸と刀のやり場に困っていた。ある日、ゆいかとそっくりなまいかという女性が訪ねてくる。2人は幼いころに生き別れた姉妹で、お手伝いさんの重さんが祖父の死を知らせたのだ。遅い時間だったのでまいかを泊めることにしたが、深夜2時ごろ、掛け軸と刀が置いてある和室で気配がする。ゆいかが覗くと、まいかが刀の前に座っていた……。

作品データ

製作年
2012年
製作国
日本
配給
NSW
上映時間
86分

[c]2012 Broadway Inc., All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?