桜、ふたたびの加奈子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

桜、ふたたびの加奈子

2013年4月6日公開,106分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミステリー小説を数多く手がける新津きよみの原作を、広末涼子&稲垣吾郎主演で映画化したヒューマン・ドラマ。幼くして失った娘が生まれ変わってくると信じてやまない妻と、そんな彼女を必死で支えようとする夫との夫婦愛を描く。監督は初長編作『飯と乙女』が海外の映画祭で受賞するなど評判を呼んだ栗村実。

予告編・関連動画

桜、ふたたびの加奈子

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

小学校入学を前にした娘・加奈子を事故で亡くした容子は、娘の部屋で自殺を図るが、一命をとりとめる。その日を境に「加奈子はここにいる」と言い出し、目に見えない加奈子のために食事を作ったり、話しかけたり。夫の信樹は「加奈子はもういない」と言い聞かせるが、変わりはなかった。そんなある日、容子は正美という妊娠中の女子高生と出会う。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ショウゲート
上映時間
106分

[c]2013「桜、ふたたびの加奈子」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    2.0
    2013/4/6

     メインキャストが稲垣吾郎と言う事なのでコリャ駄目だ!と判断し、当初は全くのノーマーク。でもポイントが貯まり過ぎていたので観ました。

     脚本自体は標準的な出来だと思えるが、撮影が酷過ぎる。ハンドカメラであるのは経費と時間の節約と言う事情も有るので許容せねばならないが、アップの連続のカットには辟易してしまった。役者の顔のアップばっかり!

     またチャンと照明をセットして、パンフォーカスで撮影する気が無いらしく、ボケボケのピントでカメラを振回すから気分が悪くなってしまった。

     要は映画らしくない映像。TVの映像を映画館の大スクリーンで上映する位なら、TVドラマとして放送すれば良い。映像としての情報量を全く感じないカットばっかり!

     こんなショボイ映像の映画に金を払わなくて済んだので、これだけが救いか?

     妊婦役で出演している福田麻由子が成長して大人になっていたのには一寸ビックリした。でも昔の美少女の頃の方が良かったので残念。何しろ20歳前後の女優は成長株が目白押しなので、相当頑張らないとこれ以上の活躍は厳しいぞ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告