ジョーカーゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジョーカーゲーム

2012年12月22日公開,99分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

学校の合宿と称して、トランプの“ババヌキ”を利用したサバイバルゲームに巻き込まれた高校生たちの運命を描く。「グラッフリーター刀牙」のヒロイン役に続き、本作で映画初主演を飾るのは、人気アイドルグループ“AKB48”の北原里英。『海賊戦隊ゴーカイジャー』の小池唯、『GTO(2012)』の高月彩良が共演。

予告編・関連動画

ジョーカーゲーム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

赤沢千夏(北原里英)は県立の進学校に通う高校3年生。今日から3年生全員が参加して、合宿が行われる予定だった。その合宿初日、担任の先生から、クラス全員で“ババヌキ”を行なうことが発表される。各自10枚のカードを持ち、交換の方法は各自の自由。制限時間内であれば、校舎内の移動も自由。但し決められた時間には教室に戻っていなければならない。カード交換により、手持ちにペアができたら教師に提出することができる。カードを全部教師に提出するか、“契約システム”を使って他人にカードを引き取ってもらうことができればクリア。カードの中には1枚だけジョーカーが含まれており、最後までジョーカーを持っている者が負け。以上がゲームのルールだった。担任からカードが配られ、クラスのあちこちで、のんびりとババヌキが始まる。ジョーカーを手にしていた千夏は、なかなか手元から出て行かないことに苦心するが、クラスメイトはそれぞれに相手を変え、嬌声を上げながらゲームは進んでゆく。やがて、ようやくジョーカーが下川ちひろ(吉田まどか)の手に渡り、千夏が安堵しているとそのままゲームが終了。担任が“下川さんに決まりました”とどこかに報告すると、いきなり武装した大人たちが乱入して下川を取り押さえる。何かの注射を打たれ、すぐにグッタリして泡を吹き出す下川。その様子に、パニックを起こす生徒たち。下川はそのまま連れて行かれてしまった……。震えが止まらない千夏、それを平然と見送る担任。この“ババヌキ”は、日本児童のIQ低下を憂えた政府が施行した“義務教育延長法”の下、“人間力”を高める為に導入するゲームの実験だったのだ。そして、そのテストに選ばれたのがこのクラスの30人。死の合宿は、こうして幕を開けた。突然、降りかかった不条理な運命に翻弄される少年少女たち。生まれて初めて生きることと向き合った彼らは、何を選択してゆくのか……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
AMGエンタテインメント
上映時間
99分

[C]2012『ジョーカーゲーム』製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?