オブリビオン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

オブリビオン

2013年5月31日公開,124分
  • 上映館を探す

エイリアンの襲撃で人類が他の惑星に移住した近未来の地球を舞台にした、トム・クルーズ主演のSFサスペンス。地球に居残った主人公が謎の女性と遭遇し、人類の存亡をかけた戦いに巻き込まれていく。謎のヒロインを演じるのは『007 慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ。監督は『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー。

予告編・関連動画

オブリビオン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

60年前、地球はスカヴスと呼ばれるエイリアンの襲撃を受け、長い戦いの末、環境は破壊され、人々は他の惑星へ移住した。ただ1人、地球に残り、上空から地球を監視する元海兵隊司令官のジャックは、パトロールに出たある日、墜落した宇宙船の残骸から謎の女性を助け出す。彼女はなぜか会ったこともないジャックの名前を口にする。

作品データ

原題
Oblivion
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
124分

[c]2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2013/9/12

    主演がトムクルーズと、オルガキュリレンコ(大好き)。未来観も充分。ミステリーも、ラブストーリーも悪くない。でもなあ~。私は「月に囚われた男」観てるからインパクトが弱い。ただ、「月に囚われた男」ってあんまりヒットしなかったので、観てない人にはおすすめ。オルガキュリレンコは、「蛇男」でもいいし。日本には生まれない女優。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2013/6/12

    最近のSFは人間はもはや地球を捨てているのですね。(「アフター・アース」も?)こちらはさほど遠くない設定であり、ジャックのかすかなる記憶は今の現代と何の変りもない。ジャックの迷いもない偵察もさることながら、ドローンという無人偵察機がやってくれている。ものすごく良く言えば2001年宇宙の旅のハルを改良したような。いや、本当にものすごく良く言えばです。 地球があんなになっているんですから、もう住む意味ないでしょう。ほんの一握りの人類でどうするって言うんだ。廃墟となした地球でも植物は生き、静かな生活が送れるらしい。放射能があってもね。強引でしょうねぇ、ラストは。バトルから数年経過の話ですもん。本当に無理。またクローンまで出てくるともう、収集つきません。生きる価値ってあるのでしょうか。 年齢感じませんねぇ。T.クルーズ。それだけが素晴らしい。相手役のジュリアより相棒のヴィカのA.ライズブローに目が行きませんか?過去の作品も良作品に出ていることから演技はなかなかのものと判明。 これからのSF映画ってどうなるんでしょうね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2013/6/11

    トム・クルーズさん主演のロビンソンクルーソー系SFムービーです。 映像もアクションも良い線行ってるんですが・・・結局トムさんの演技が「MI」に似ちゃうんですネ~。「格好良いアクションだけど見たことあるよネ~」ってなってしまいます。 ストーリーも何となく寄せ集め的で良いところ取り?・・・ブレードランナー、バイオハザード、マトリックス、インデペンデンスデイ、スターウォーズ、トロン、猿の惑星etc.何だかんだで新しさを狙いすぎて物足りなくなった感じです。 モーガンさんはじめ良い俳優を脇役に使ってるのに説明不足というかストーリーが浅い感じです。だってこの後、奥さん一人に無数の旦那が寄って来るって想像できますか!? 見た目中心の微妙に胡散臭いSF映画だな~という感じです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    samill

    -
    2013/6/8

    何時も、初日に見る私ですが本日観て参りました! SF映画は、終わり方があまり好きではないのですが、(納得できないスッキリしない終わり方が多い) この映画は素敵!オブリビオン、意味は忘却・・・。 またまた、チラシ見ずそのまま鑑賞して観ましたが、 段々吸い込まれるような夢中で「あっ」という間でした! トムの映画は、ヤッパリ!!良いです! 安心して観ていられるし、ストーリーの素敵な洋画でしたよ~!観て良かったです!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/6/5

    大好きなニコライ・コスター・ワルドーが出ているから、絶対見たかったのよね。 綺麗なお顔が汚れちゃっているのは残念だけど、うん、戦士の役似合うわ♪ ストーリー的にはどこかで見たようなエピソードの詰め合わせではあるんだけど、上手くまとめて、上手く見せているとは思うわ。 私は『月に囚われた男』を思い出した。 あれはシンプルで無駄が無い分出来が良かったから、比べちゃうと二番煎じに漢ぞちゃうけど、スケールを大きくしてロマンティックにした感じ。 個人的には本を読んで感性が目覚める・・『リベリオン』的な所は好きかな。 ラストシーンも良いわよね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2013/6/4

    スターウォーズを観たときのようなワクワク感がありました。 SFは現代社会への警句を含む場合が多いのですが、この映画にもそれを感じますが、難しいことを考えずに楽しめる映画だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    potewoods

    2.0
    2013/6/3

    ストーリー、ネタ的に、すでにあるもの、どこかで聞いた見たというもので、そこに加える特別な要素もなかったように思う。 もし私が、小中学生くらいだったら、とても満足したかもしれないけど、今のわたしにこれを楽しめる「能力」はありませんでした。 SF未来的な映像は、それなりにおもしろいけど、。 これなら一度見たプロメテウスを、もう一回見た方がずっと良い。その方が時間の無駄にならない。 どんでん返し、というほどたいしたことないストーリーの種明かしも、それからあとのジャックの行動も、浅い。インデペンデンスデイを思い出したこの浅さ。 飛行機での戦闘シーンも、スターウォーズで昔見たし、それを超えるものではないし。 月に囚われた男 というデビッドボウイの息子が撮った映画があったが、ネタはそれのパクリ?ほぼ一緒だし、月に囚われた男のほうがまだ面白かったよ。日本映画でも、クローンは故郷をめざす というのが似たような設定、テーマであって、そちらのほうが深い作品でした。 自動で動くあの丸い警備マシンは、ガンダムのボールそっくり。 こういう映画って、どう思って作られたのか、どうしてまたぞろ同じようなものを、過去のいろんなものに似てると自覚していないわけないだろうに、厚顔無恥に作り出してくるんだろう。それがこわいわ。 半ば分かっていながら、騙されてひょいっと見に行ってしまった自分も悪いけど。反省。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2013/6/2

    理屈を並べる前に映像を楽しむ作品なのだろう。 無意識下の記憶といった意味合いでタイトルが「オブリビオン」となったのだろうか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2013/6/2

    の呼び声が高いと思う。 皆さん、いろいろ元ネタを披露されていますが、私は『猿の惑星』だと思います。最後、チャールトン・ヘストンが猿の長老に送られて、馬に乗って女性と荒野を目指しますよね。そのとき「真実を!」と言われると思うのですが、それが、今回女性とバイクに乗るトム・クルーズに、モーガン・フリーマンが言う言葉です。 さすがに「自由の女神」は登場させませんでしたが、砂漠に埋もれる「エンパイアー・ステートビル」は、現代アメリカ人の心を打つと思います。今の日本で言えば、「東京スカイツリー」ですかね。あれが朽ち果てるおぞましい未来、この衝撃は大きいと思います。 話としては、今のコンピュータ技術とクローン技術に収斂されると思うのですが、我々がそこに見るかすかな不安を代弁してくれると思います。 SFは、現実との合わせ鏡です。今後の我々の進路を語る上で、大いなる助言を与えるものと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2013/6/1

    良くも悪くも”トム・クルーズ”中心の映画ですが、SFとして手抜かり無い佳作に仕上がってます。特に風景描写の美しさ。建造物のデザインが比較的単純な幾何学構造を組み合わせた”モダニズム”を復活させている点も、(エイリアンやブレードランナー以来流行りのダークなSFとは違って)新鮮。 ストーリーは過去公開された数々のSF作品からの拝借ながら、それらを見事なまでに一貫した世界観でまとめ上げています。パクリを批判するのではなく、元ネタ探しを楽しみましょう。 物語の骨子は、「アイランド(2005)」と「月に囚われた男(2010)」。無人機(ドローン)はファーストガンダムの「ボール」そっくりだし、その擬人的な動きは「Wall・E(2008)」に出てくる探査ロボットのよう。敵の本陣のフラットで単純な形状は、スタートレックシリーズに出てくるボークを思わせるし、敵を破壊するシーンは「サイレントランニング(1972)」を思い出させる。ラストシーンは「きみがぼくを見つけた日(2009)」のラストそっくり。他のレビューでは「2001年宇宙の旅」からの引用も指摘されていて、元ネタ探しの面白さでは相当マニア向けの一作。 それにしても、トム・クルーズ、とても50歳には見えない若さ。ジャッキー・チェンを超えるか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    taka_dds

    5.0
    2013/6/1

    探してしまうので「謎があるよ」とは映画見る前にあまり言わないで欲しいのですが、今作は宣伝しまくり。そして中盤くらいで気づきました。 この作品の秘密のパターンは実際の立場が後で変わる”逆タイプ”だな、と。 地球と言う閉鎖空間、さらにその中の”汚染されていない”閉鎖空間で他人と接触しないからこそ守られていた秘密が、とある事件から一気に紐解かれていく。 こういったパターンはSF作品としても王道であり、ラストのオチ、それに至るボス攻略方法等、ちゃんとした筋が通っていて満足です。 トム・クルーズはもういいおっさんなのに相変わらずの強さ。しかも修理工と言う設定なのになぜか戦闘も手馴れている。 仕事のパートナーは美人だけどなぜか機械的なイメージ。任務を終えて土星に早く戻りたい、と言う意志を前面にだしているが、なんだか言動が微妙に怪しい。 そして二人は任務に必要だからとなぜか着任前の記憶が消されている。普通だったら仕事で必要になると思うんだけど。 既に出だしだけでこの謎バラマキっぷり(笑) そう言った謎がハラハラドキドキしながら中盤当たりから一気に解けていくのが爽快でした。 武器や乗り物、居住区などのギミックもSF視点から見てもとてもよく出来ていて満足です。 個人的には3Dで作られていなかった、と言う点を評価し、プラス1ポイントです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2013/5/31

    単純なSF映画ではなく ちょっとひとひねりのある作品になっています。 VFXもさすがに見ごたえがありました。 ジュリア役のオルガ・キュリレンコばかりが 目立ってしまいますが ヴィクトリア役のアンドレア・ライズボローも かなりの美しさ。 自分的にはこちらが好み。。。 で、モーガン・フリーマンの役どころですが、 ん~… モーガン・フリーマンじゃもったいなかったかな。 2時間ちょっとの上映時間があっという間に感じられる ちょっと変わり種のSF作品になっています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告